ブログで月収100万以上を稼ぐために必要な能力3つ。優秀なアフィリエイター・ブロガーは1年で月100万に到達出来ます

screenshot-2014-12-02-10-11-01

ブログ運営を収益目的で行う場合、普通のブロガーとは違った能力が求められます。

特に月収100万以上稼ぐ! といった目標を掲げるならば、プロの目線が必須になります。

私はブログ運営(ワードプレス含む)で現在月800万近い収入を叩き出しているので、月収100万は不可能な数字ではないでしょう。
(ただし、youtuberと同じく、ブログ運営も強者と弱者の差が激しい市場ですので、勉強と実戦経験が必要です)

今回は、そんな私が考えるブログで月100万稼ぐのに必要なスキルを紹介します。

1:ユーザーが共感するような文章が書けること

pexels-photo-92904-large

人間は自分と同じような経験・意見を持った人を好みます。
小説や漫画などのエンターテイメントでも、共感というキーワードは非常に重視されるポイントです。

例えば、主人公に没入出来るように序盤は『失敗経験』や『暗い過去』を描いて、共感を誘うのです。

少女漫画の主人公が平均的な価値観を持っている事が多いのも、読者に共感してもらうためです。

さておき、ブログでもそれは同じで、共感出来るような文章・記事を書けないようでは、なかなか人気は集まりません。

逆にまったく共感出来ない、むしろ反論したくなる極論をぶつけて炎上させてもアクセスは伸びるのですが、それは共感よりも難しいです。プロレスのヒール役のようなスタイルですね。

初心者がまず意識するべきは、読者が共感する文章を書くことです。

例えば、クレジットカードの広告記事を書きたい! という時。
普通に使い方やカードの特徴を書くだけなら公式サイトで事足ります。

そこで共感を得られるプライベートな文章を入れるのです。

例えば、楽天カードの紹介記事にしても『私自身は楽天が嫌いで、楽天市場よりアマゾンばかり使ってます!』と書いたらどうでしょうか?

楽天が嫌い、という人からは共感が得られますよね。
それだけでは、ただの楽天落としになってしまうので、下記のように『私の使い方』を紹介して共感&広告を成立させるのです。

『私は仕事が忙しく、土日はついついココイチカレーの出前を頼んでしまうのですが、楽天デリバリーという楽天ポイントが就ける出前サービスにココイチが加入しているので、楽天カードで貯めたポイントを毎回ココイチに使っています。これが、楽天嫌いの私が楽天カードをメインにしている理由です』

共感出来るデメリット情報を先に与えてから持ち上げることで、ユーザーの共感のみならず信用も会得出来るでしょう。

このように、広告記事だからといって良いことばかりを書くのではなく『私はこう思う』という意見を入れつつ、共感させるというテクニックが必須です。

昨今のキュレーションサイトは、情報には強くても、こういった感情に訴えかける細かな共感の文章がありません。
せっかく個人がやっているブログなのですから、あえて個を強く出してユーザーの心をガッツリ掴みましょう。これは大企業には出来ない個人の強みです。

2:検索キーワードから適切な広告を選べること

pexels-photo-179912-medium

ある日、Googleサーチコンソールの検索クエリを見ていたら、私のブログに『お腹がゆるい』系のキーワードで来ている人がいることに気付きました。

そのキーワードで表示される記事を見てみると、昔に何も考えずに書いた健康系の記事でした。

そこに青汁のアフィリエイト広告を、2~3行の簡単な紹介文と共に紹介したところ、そこから定期的に成果が出るようになりました。

このように、どんな記事でも意外とマッチングする広告はあるものです。
グーグル・アドセンスだけだと、どうしても単価が低くなりますが、マッチングする広告が見つかると一気に収益がアップします。

ブロガーの弱点として、よく『お金にならない記事ばかり書いてるから、アクセスの割に収益が弱い』という点があげられます。しかし、その記事に訪れているユーザーの年齢や性別、ニーズをしっかり分析すれば、効果のある広告は貼れるのです。

常日頃から、どんなキーワードで、どの記事にユーザーがアクセスしているのかを分析し、A8.netなどのASPを使って適切な広告を探してみましょう。

Amazonの商品でも構いません。

もし良い広告がなければ、内部リンクで報酬の高い広告がある記事にリンクを飛ばしましょう。
アクセスをなるべく効率的にマネタイズすることが出来れば、月100万も見えてきますよ。

あと、これは私の体験談なのですが、20代~30代の女性ユーザーが多い記事に脱毛サロン「ミュゼ」のバナーを貼ったところ、月1回必ず発生しています。

その記事はもともとアドセンスしか貼っていなかったので、収益率は10倍以上になりました。

このように、ユーザーの性別・年齢を分析して適切な広告を設置するだけで、収益は何倍にも伸びるのです。
ブロガーの方は、記事を書くことに集中してしまいがちですが、こういったマネタイズの分析・導線も意識してブログをメンテナンスしていく事が重要です。

3:1日2時間はブログに投資する

PAK85_pentonote20140313000808_TP_V

1日2記事(1記事2000文字以上)をコンスタントに更新していけば、1年継続でまとまった収益になるでしょう。

正直いって、ネタ探しや調査の時間も含めると、1日2記事更新は専業でもかなりキツいです。
副業でやるなら、なおさら苦行と化すでしょう。

しかし、私の経験上、1日1記事だと相当な才能がないかぎり、1年で月100万クラスまで稼ぐことは不可能です。

初心者のうちは、まず数をこなして経験値を増やしていくことが大切です。

ブログは書けば書くほど文章を書くスピードが上がりますし、アフィリエイト記事にしても、その商材に詳しくなれば、どんな切り口で、どのユーザーを狙えば良いのか、といった点がより明確になるので効率的にコンテンツが作れるようになります。

ブログで月100万以上を目指したいなら、1日2記事更新を目処に努力してみましょう。

ただ、これは1年で到達する! という専業向けの目標なので、副業でやるなら、必ずしもそこまでやる必要はありません。

しかし、スキルの低い初期はとにかく量をこなすことが大事です。
受験勉強と同じで、基礎知識がない最初ほどガンガン教科書を回して、さっさと一周目を終わらせて全体像を掴むのが大事なのです。

更新もしない、アクセスもない…といった状況では、分析も出来ませんし、仮説も立てられません。

ブログはアクセスが増えるまでタイムラグが1ヶ月~3ヶ月ほどあるので、最初が一番キツいですが、そこを乗り越えてしまえば、スキルはどんどん上達していきますよ。

以上、ブログで月収100万以上を稼ぐために必要な能力でした。

関連記事

アフィリエイトの基礎知識は、書籍で学ぶのがオススメです。
私が選んだ初心者向けアフィリエイト本はこちら。

・おすすめのアフィリエイト本3つ!現役アフィリエイターが選んだ書籍はどれ?

アフィリエイトの王道、GoogleAdSenseのクリック単価を上げる方法まとめ。

・3秒で分かるグーグルアドセンスのクリック単価を上げる方法。雑記ブログでもマネタイズを意識しよう

私がサーバー移転をした時の体験談。
こういうトラブルがたまに起こるから、アフィリエイトは稼げるようになっても安心出来ません。

・サーバー移転でブログのアクセス数は減る?検索順位は落ちる?実際にメインサイトを動かした結果

有料Noteでノウハウを公開中です


このブログの他に、Noteというサービスで、有料のブログ記事を公開しています。どちらも『一個人がブログの広告収入で稼ぐ』ためのノウハウとなっています。

>> クロネコ屋の初心者向けアフィリエイト講座@副業で月3万円コース【1200円】

>> クロネコ屋の中級者向けアフィリエイト講座@副業で月30万円コース【2980円】

>> クロネコ屋の検索上位を狙うライティング講座【2980円】

初心者向けノウハウの内容は、

・どんな話題の記事を書けばいいのか。
・記事数は何記事で月3万円いくのか。
・アクセスが増えるまで、どれくらい手間・時間がかかるのか

といった、基礎的・初心者向けの内容です。

中級者向けノウハウは、

・月30万を達成するまでの期間と必要な記事数
・ASP広告で成約するための記事の書き方、具体的なサンプル例
・キーワードの選び方。広告単価が高いジャンル

といった、より実践的な内容です。


検索上位を狙うライティング講座は、

・検索上位を取るための文章力について
・ユーザーを惹きつける&揺さぶるための記事の書き方、具体的なサンプル例
・文章力をつけるためのトレーニング方法
・私が行っているパワーライティングの解説

といった、よりライティングに重きを置いた内容です。

ブログを書いているけど広告がクリックされない、検索上位にいけない、アフィリエイトにおけるライティング手法が分からない…という方にオススメのnoteです。

私が意識している『パワーライティング』のノウハウをしっかり解説しています。
どのノウハウも私の経験をもとにした実践的な内容になっています。

興味のある方は、ぜひ手にとって見て下さいね。

当ブログでも、アフィリエイトに役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする