コンシューマーゲームって無料で売る事は出来ないのかな?ゲームソフトに6000円出せない高いと感じるって話

どうも、クロネコ屋です。
今回はアフィサイトやブログ論とはまったく関係ないゲームの話になります。

ニンテンドースイッチが発表され、話題になっていますね。

私もWiiUでスプラトゥーンをガンガンやっているゲーマーなので、スプラトゥーン2が発売されるニンテンドースイッチは購入予定なのですが…

正直な話、スイッチのPVを見て思ってしまいました。

「高っけぇな!」

いや、スイッチ本体の値段29800円は、ゲーム機としては一般的な価格帯だと思うんですよ。

ソフトの値段だって、ファミコン時代に比べれば安くなったものです。

でも高いと思ってしまった。特に1・2・switch。あれswitch本体に無料で付けちゃダメなの? とすら思う始末。

昔は好きなゲームがあれば、お小遣いを真っ先に使って発売日に買っていたはずなのに…

やはりコンシューマーゲームを高いと思ってしまう理由は、基本無料のスマホゲームが主流になった事でしょう。

下記の「しっきー」さんのブログで、1200円買い切り型アプリのマリオランを題材にして、的確な解説がなされています。

・【スーパーマリオラン評価】ゲームアプリを「無料で当然」と思ってしまうのは無理もない

ちなみに、私もマリオランはDLしましたが購入はしませんでした。

残念ながら、私も世の流れに染まって、ゲーム1本に5000円、6000円出せない体になっているのかもしれません。

でも、スプラトゥーンは別です。スイッチがスプラトゥーン専用機になろうとも本体ごと購入するでしょう。

理由は単純で、スプラトゥーンは長く遊べるから。

スプラトゥーンはネット対戦が主体のゲームで、対人戦になるので当然、ゲームとしての寿命が長いです。

アップデートもありますし、コスパを考えると6000円以上の価値があります。

1回のプレイが短いのも良いですね。忙しい社会人にもピッタリです。

でも、マリオやゼルダといった『クリアしたら終わり』のゲームには手が出ない…

この心理って、かつてゲーセンで1回プレイするのに100円かかっていたのが「コンシューマーソフトで買えば何回プレイしても無料!いっぱい遊ぶならお得!」って心理と似てると思いませんか?

インターネットが普及し、さらにスマホという安価で手軽なデバイスが出現した為、今の娯楽において『ネット対戦やネット通信機能が無いゲームはオワコン』になっているような気がします。

実際、ポケモンもWifiでネット対戦が出来たダイヤモンド・パールは猿みたいにハマりましたからね。

掲示板で見知らぬ人と集まって、自作の大会やったりして。家にいえても気軽に見知らぬ友人と遊べる、つながれる面白さがありました。

昨今のゲームにおけるネット通信って、かなり重要な点だと思います。

スマホゲームも、協力や対戦機能が必須ですからね。もしくはパズドラみたいにどんどんアップデートして、ゲームの寿命を伸ばしていく。こういったネトゲ的な運営が求められている感じがします。

ネット通信機能もない、アップデートも無い、買い切り型のゲームは、もはや5000円~6000円という価格では高すぎるのです。

その値段を出せるのは、そのゲーム会社のファンやゲーマーくらいで、ライトユーザーは手を出しません。

昔は基本無料のスマホゲームなんて無かったですから、6000円出しましたよ。でも今は無理です。他の選択肢が強すぎる。

そんな環境で「ゲーム会社はスマホゲームばっか作ってないでコンシューマーゲーム作れ!」と言われても無理って話ですよね。

もう、いっそのこと、コンシューマーゲームも無料で出したら良いんじゃないでしょうか。

ゲームソフトを無料で販売するという手法。具体案は?

例えば、ニンテンドースイッチを買うと無料で出来るゲームがたくさん付いてきますよ!ガンガン無料ゲームが発表されますよ!となれば、もちろん魅力的な要素になります。

スマホ普及でパソコンを使えない若者が増えているのに、フリーゲーム界隈が未だに根強いのは、やはり無料というハードルの低さがあってこそ。

しかし、コンシューマーゲームの開発費を考えると、無料で販売してマネタイズはどうするの?って話になって詰みます。

もう、ここらへんは

「クラウドファンディング」
「ニコニコ有料ブロマガのようなファン向け有料ブロマガ、オンラインサロン」
「コミケなどの即売会でファングッズ発売、通販」
「PC向けのソフトはsteamで低額有料販売」

といった『ゲームソフト以外でマネタイズする』手法に舵を切るしかないんじゃないかな、と思います。

今のところ、一番成功している基本無料でマネタイズする方法はアイテム課金やガチャですが、未成年の課金問題などがあるので、任天堂はやらないでしょう。

またアイテム課金制にすると、どうしてもコンシューマーゲームとは毛色の違ったゲーム性になりますから、コンシューマーゲームの意味がありません。

となれば、もうファンから投げ銭をしてもらって開発費を回収し利益を出す『クラウドファンディング』『グッズ販売』などの手しかないような気がします。

もちろん億単位の開発費がかかるビッグタイトルは無理ですが、開発費をおさえた小規模プロジェクトなら、可能性はあると思います。

ドット絵のRPGやサウンドノベルなど、技術が既に確立されていて、なおかつコンシューマーゲーム色の強いゲームであれば、ソフト無料、開発費と利益はソフト外で回収…という荒業は出来ないことは無いと思います。

ぶっちゃけ、例え綺麗なムービーや3Dが無い古風なゲームであっても、無料で出来るならやりたい!という人は多いと思います。

ファンを増やしていけば、クラウドファンディングとグッズ販売で小さいリスクで利益を伸ばせるし、小規模なゲーム開発会社でも生き延びる道が出てくるんじゃないかな…と思っています。

私もスマホゲームは少しやりますが、やっぱりコンシューマーゲームとは違うんですよね。

ラグナロクオンラインがドラゴンクエストと違うように、文化もプレイする感触も、何か違う。マネタイズに特化したタイトルは、やはり味気ないものです。

一ゲーマーとしては、コンシューマーゲームの、製作者のエゴやこだわり等がある尖ったゲームを遊びたいです。

しかし、もうゲームソフトに6000円は出せない。無名の新規タイトルなら、下手したら1000円出すのも躊躇するかも。

だからこそ、もうコンシューマーゲームも「無料」で販売して、別のところでマネタイズする手法が求められてるんじゃないかな、と思いました。

無料でもファンさえいれば、マネタイズ出来る時代にはなってると思いますし、ぼちぼち、そういった新しい道が広がれば良いなぁ、と思いました。

将来的にゲーム産業に関わる事になったら、私は無料でソフトを販売したいですね。

茨の道ですが、もう一度、コンシューマーゲーム界隈を盛り上げるためには『ソフトを有料で販売する』というやり方から脱却する道を見つけることが急務だと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする