新居に入れる家具の選び方と注意点。実際にマイホームの家具選びで迷った私が思うこと

どうも!クロネコ屋です。

以前の記事【体験談】中古マンションをリフォームする時の注意点。でお伝えした通り、中古マンションを購入&リフォームをして、一通りの手続きが終わりました。

該当記事を見て頂ければ分かる通り、リフォームの打ち合わせは大変苦労したのですが、何気にキツかったのは家具選び。

家電は選ぶ時にそこまで苦労しないんですよ。

エアコンや冷蔵庫、洗濯機といった家電の性能なんて、ぶっちゃけ頭打ちしてる感がありますし、値段も2014年の型落ち製品であれば、かなり安いです。ドラム式洗濯乾燥機ですと12万~13万円で新品が買えちゃいます。

ただ、家具は『デザイン』という要素が絡んでくるので、選択が非常に難しくなります。

そして旦那さんがデザインに疎くコスパ重視、奥さんがデザイン重視、予算オーバーOKなタイプだと、もれなく夫婦喧嘩が勃発します。

今回は、私の体験談をもとに、家具の選び方と注意点を紹介します。

必ず予算を組んでから家具と家電を購入しよう

まず、家具を買う時は必ず予算を組んで下さい。

50万、100万、150万…
だいたい50万レンジでザックリで良いです。

私は多めに見積もって170万くらいの予算で組みました。

予算表を作って印刷し、逐一書き込んで、どの家具・家電をいくらで買ったのか。
残りの予算はいくらか確認出来るようにしておきましょう。

嫁が作った予算表↓

これをやっておかないと、予算がオリンピックの費用並みにどんぶり勘定で上に突き抜けていきます。

家具は、家電と違ってデザインという相場のないプラスアルファの付加価値が付きます。
すなわち、同じような製品でも2倍、下手したら3倍近い価格差が出ることもあるのです。

「あれがいい」「これもいい」

と嫁に任せてあれこれ選んでいると、とんでもない金額が降ってきます。

最初に家具にいくらかけるのか、どの家具を優先順位1位にするのか話し合っておきましょう。

参考までに、私の家庭の優先順位は

ソファ1位
私の仕事用の椅子2位
テレビボード3位

となりました。

逆に節約しても良いワーストランキングは

ダイニングテーブル&椅子1位
カーテン2位
ベッド3位

となりました。

ベッドはニトリで買った安物ですが、マットレスにお金をかけているので、新しく買う必要はない…という結論に至りました。

その分、ソファなど大きいところに回す事で合意が取れました。

まぁこうやって事前に話し合っても、結局どこかで揉めるんですけどね。

共同作業ってやつは、いつだって夫婦喧嘩と隣合わせなのです。

家具選びで一番揉めたのはソファ

リビングの主役であるソファは、一番選ぶのが難しい家具です。

まず、サイズを2Pにするのか3Pにするのか選ばなければいけません。

(2Pは二人がけ、3Pは三人がけです)

広いリビングであれば、3Pでもカウチソファでも余裕で置けますが、都内のマンションで、リビングがそこまで広くない場合、サイズにかなり気を使う必要があります。

リビング・ダイニングの場合は、大きすぎるソファを置くと、その分、ダイニングテーブルを置く場所が狭まってしまいます。

都内の、リビング・ダイニングがそこまで広くない(12畳~13畳)間取りのマンションですと、横幅2m超えのソファを置くと二人掛けのダイニングテーブルすら置けなくなります。

リビングが12畳~13畳しか無いなら、横幅180cmの3Pソファか素直に2Pソファで我慢した方が無難ですよ。

リビング部分が15畳くらいあれば、2m超えのカウチソファを置いても何とかなります。

ただ、ダイニングテーブルの大きさとの兼ね合いになるので、ソファは必ずリフォーム業者さんに相談して、一度図面に落としてもらって大きさをチェックしてから購入を決めるのが良いと思います。

私がリフォームの記事で紹介したエチュードデザインの上原さんは、こんな感じで図面に落としてくれました。参考までにどうぞ。

私は最初

「ソファで寝転がりたいから、2人で寝転んでも余裕のある2m20cmの特大カウチソファにしよう!」

と言っていたのですが、図面に落とした所、リビング・ダイニングの8割がソファに支配されるという恐ろしい配置になってしまったので断念しました。

こういうソファがほしかったんですが…サイズ的に無理でした。

結局、私が買ったのは(嫁が選んだ)横幅180cmの3Pローソファ+オットマンです。

背もたれの高低はどうする? ローソファかハイソファか

ソファで揉めるのはサイズだけではありません。
背もたれの高さも重要なチェック項目です。

ソファの背もたれは、低めのローソファと身体を預けられるハイソファがあります。

ローソファの画像(リグナ公式HPより)

私はガッツリ身体を預けたいタイプだったので、ハイソファが良いと提案したのですが

嫁「天井が低いからハイソファだと狭く見える」

というデザイン上の理由で、ローソファになりました。

その時の会話ログです。

嫁との会話(ソファの背もたれ編)

私「ソファはゆっくり背中を預けてテレビを見たいから、ハイソファがいいなぁ」

嫁「部屋がすごく狭く見えるよ?」

私「カウチソファはどう? 寝っ転がれるよ」

嫁「大きすぎる。寝るならオットマンに足かければいいじゃん」

私「うーん…。3人掛けだけど、ローソファだと縦に寝っ転がるの難しいんだよな。頭置くとこが低くて」

嫁「横に寝っ転がればいいじゃん。肘置きのところにクッション置いて枕にすればいいよ」

私「横に寝転んだら、一人しか寝転がれなくない? あ、その時はオットマンに座ってくれる?」

嫁「お前がオットマンに座れ」

~完~

嫁はローソファ派。私はハイソファ派。

ローソファは、悪くは無いのですが、どうもクッションを背中に置かないと寄りかかれず、背筋を伸ばすことを強要されるというか、思いっきりグダれない感じはあります。

もちろん30万近くした良いソファなので、座り心地は良いのですが、ハイソファの方がまったり出来るので、デザインが許せばハイソファの方がオススメです。

天井が低いマンションですと、ローソファの方が広く見えるというメリットがありますし、デザイン的にソファの背もたれがドーンとあると邪魔くさい…というのは分かります。

ここらへんは、もう個人の好みなので、よく夫婦で話し合って決めましょう。

私はさんざん中古か新築か、キッチンはリフォームするのかしないのかで揉めたので、家具に関しては議論せず投げました。

買ったのは、ローソファです。

間取りがもっと広ければ良いんですけどね。
東京は狭いです。

かといって広い物件を選ぶと、物件価格と固定資産税が上がるので…悩ましいですね。

ともあれ、ソファはサイズの問題が一番出てくるので、じっくりサイズを測って邪魔にならないサイズを選びましょう。

後で「大きすぎた」と後悔しても遅いですよ。

冷蔵庫などは「大は小を兼ねる」ですが、ソファは大きいと、もうどうしようもありません。

テレビボードは意外と高い!予算オーバーに要注意です

一番高かったのがソファ30万+オットマン7万だったのですが、その次に高かったのがテレビボードです。

嫁「テレビを良いものに買い替えたんだから、当然、テレビボードのデザインにも拘らないと!」

という死の号令が下され、選ばれたのがリグナのテレビボード(18万円)。

死神の鎌を首に突きつけられた気分になりました。

テレビボードってこんなに高いのか…。

しっかりした家具を買うのは初めてだったので、カルチャーショックを受けました。しかも有名デザイナーがこだわって作ったテレビボードですからね。デザイン料込みです。高い。

しかし、嫁いわくデザインが良いらしいです。
そして安いテレビボードを置くと、リビング全体が安っぽくなるとのこと。

「せっかく良いソファを選んだんだから、テレビボードも良い物を!」という鶴の一声によって、テレビボードも決定。

「嫁の言いなりで高い物ばかり買わされて、情けなくないのか?」

という声もあると思いますが、このテレビボード、収納部分もかなり大きくて、実用性があるんですよ。

また、事前に優先順位も高めで出されていましたし、その分、ダイニングテーブル&ソファとカーテンを安くするという約束だったので、OKを出しました。

若干、リフォームに疲れていて「もう金で解決出来るもん(嫁の機嫌)には金を出そう」という、だらしねぇ判断があったかもしれません。

お金をケチって嫁と揉めるより、少しばかり高くても嫁の機嫌を上げて、気持ちよく新生活を始めよう! という考え方です。
(世間では、これを尻に敷かれると言います)

と、ここまで散々、テレビボード高いと騒ぎましたが、その後、ダイニングテーブル&椅子を楽天で適当に買い、結局は予算内で収まっているので結果オーライでしょう。

ローテーブルは、リグナで買いました。7万円。デザインが良いそうです。

もうリグナには行きたくありません。

嫁はリピートしたいそうですが、私は店員さんにも「ご主人、本当に大丈夫ですか?」と心配されるくらい疲弊していました。

今までケチであまり家具やデザインにお金をかけてこなかった男性は、マイホームを買うなら覚悟をしておいたほうが良いですよ。

デザインの良い家具は高いです。

高い代わりに、嫁のテンションが上がるので、お嫁サンのご機嫌代と言うことで我慢しましょう。

ニトリやイケアも組み合わせてコストを落とそうなんて言った日には、天誅が下りますよ。

新居を買ったならば、家具は長い付き合いになるので、投資だと思って、質がよく嫁が気に入ったオシャレな家具を買いましょう。

仕事用の椅子と机はまだ決まっていません。

さて、私の仕事用の椅子と机ですが、まだ決定してません。

私の希望としては

・120cm前後の横に広い机
・椅子はオカムラかアーロンチェア
・資料用の本棚が欲しい

という感じ。

しかし、嫁いわく「デザイン次第」だそうです。

ちなみにオカムラの椅子もアーロンチェアの椅子も、イマイチだそうです。ただ、椅子は今後の腰痛などにも関わってくるので、我慢してくれるそうです。

ただ、机が問題で、なかなか横に広く、かつ嫁のデザインチェックに通る机がありません。

プロブロガーのヒトデさんの『L字デスクが最高に快適なのでおすすめを紹介!』という記事を見せて、L字デスクを提案しましたが「論外」と言われてしまいました。

足がダメなのと、ウォールナットじゃないのがダメだそうです。

ここでも揉めました。

嫁「これはどう?」

私「うーん、横幅が狭い…これじゃ作業がなぁ…」

嫁「なんでそんなに横幅いるの?いらなくない?」

私「資料読みながら書いたりするからさ…」

嫁「私ばっかり机探してる。横幅広いやつデザインがダメなのばっかり」

私「デザインは何でもいいよ。気にしないよ」

嫁「部屋のデザインが、崩れるでしょ。統一感が大事」

嫁「仕事用の机、もう面倒くさいから入居後に決めよう!それまでダイニングテーブルで仕事して」

私「えぇ~! 一番ケチったダイニングテーブル&椅子で!?」

などなど、ギャーギャー揉めましたが、結局、決まらないまま今に至ります。

実用性を求めてデザイン放棄の男性と、実用性よりデザイン重視の女性。

この組み合わせ、結構メジャーだと思いますが、そこそこ揉めるので皆さん新居購入後の家具選びでは、覚悟して挑んで下さいね。

まとめ:お互い負担にならないような家具選びを心がけよう

家具選びは、中古or新築、どこをリフォームするか否か、といった揉めポイントと同じくらい揉めます。

夫婦喧嘩をすると、せっかく新居を買っても非常にテンションが下がってしまうので、家具選びはお互い負担にならないよう、最初に色々決めてから動きましょう。

最初に予算を組んでおく

ソファやテレビボードなど高い家具を買う時に

「高い!ダメ!」
「何でダメなの!」

と揉めずに済みます。
予算を可視化すると、男性も女性も冷静に数字と向き合えますよ。

予算内なら、妥協すべき所は妥協する

べらぼうに予算オーバーしないなら、家具にはお金を出しましょう。
長い付き合いになりますし、ここで夫婦間に遺恨を残すと面倒ですよ。

友人の知り合いで、家具選びでリアルファイトに発展する夫婦も居たそうです。

何でも、旦那さんが勝手にソファを決めちゃって揉めたとか…。
勝手に決めると女性はガチ切れします。私もガチギレさせてしまった事が何度もあるので、要注意です。共同作業では、確認大事。ホウレンソウ大事です。

リフォーム業者にクッションになってもらおう

私と嫁が揉めた時、リフォームをお願いした上原さんが幾度となくクッションになってくれました。

第三者、それもデザインのプロがいると、夫婦喧嘩をクールダウンしてもらえるので、家具選びで揉めたらリフォーム業者やデザイナーに一旦投げて「どうですか?」と聞いてみましょう。

以上、家具選びの注意点でした。

中古マンションリフォームの体験談もどうぞ!
リフォームの流れや嫁とバトルしたポイントなど、リフォームに役立つリアル体験談を書いています。1万文字超えの大ボリュームですよ。

・【体験談】中古マンションをリフォームする時の注意点。値段だけで中古リフォームを選ぶ前に知っておくべき全知識


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする