楽天カードをメインカードとして5年使ってみた感想。家具や家電を買う時に楽天市場+楽天カードは輝きます

どうも!クロネコ屋です。

私はメインのクレジットカードとして楽天カードを利用しています。

▼ 楽天カード

楽天カードというと、楽天市場のイメージが強く、Amazon好きの若者からは敬遠されがちな「ダサい」イメージがあると思います。

『楽天なんて使わないから、楽天カードなんていらない』
『楽天ポイント集めて何に使うの?』

など、辛辣な評判を受ける事もしばしば…

しかし、楽天カードをメインとして使い続けて5年。

私は楽天カードこそメインに相応しいカードだと思っています。

今回は、楽天カードをメインカードにするメリット・デメリットを紹介します。

楽天カードの基本1%ポイント還元+楽天でポイント3倍のメリットが最強すぎる

楽天カードは、基本ポイント還元率が1%と、クレジットカードの中ではポイント還元率が高い部類に入ります。

年会費無料で1%ポイント還元という事は、使うだけで1%割引が毎回受けられるようなものです。

楽天カードを超える基本ポイント還元率カードと言えば、REXカードが代表的です。

REXカードは、基本ポイント還元率が1.25%かつ年会費無料という強みがあり、貯まったポイントはクレジットカードの利用額から引く事が出来るので、ポイントによる現金値引きが可能です。

楽天ポイントは楽天市場や楽天ブックス、楽天デリバリーといった楽天のサービスで使ったり、Edyに交換して使わなければいけませんが、REXカードの現金値引きであれば使い道を考える必要はありませんね。

しかし、楽天カードがREXカードを上回っている点は、楽天市場・楽天ブックスでの利用時にポイントが3倍になる…という点です。

家具や家電の買い物は、楽天市場が品揃えも良くて使いやすい!

大抵の商品はAmazonで注文するのが最安ですし、Amazonであれば返品交換が即出来るので、楽天市場を使うケースは少ないかもしれません。

しかし、楽天市場+楽天カードの方がポイント3倍分、安く出来るケースもあります。

例えば、家電は楽天市場に入っている『ビックカメラ楽天市場店』『エディオン 楽天市場店』などを使えば、定価がAmazonとほとんど変わらず、なおかつポイント分、お得に買うことが出来ます。

家具も楽天市場の方が強いです。

私は中古マンションを購入した際、SESAME/セサミのダイニングテーブルを選んだのですが、Amazonにはお目当てのアイテムが無く、楽天市場でしか買えませんでした。

参考記事:

・【体験談】中古マンションをリフォームする時の注意点。値段だけで中古リフォームを選ぶ前に知っておくべき全知識

・新居に入れる家具の選び方と注意点。実際にマイホームの家具選びで迷った私が思うこと

家具のように、アイテムによっては楽天市場の方が品揃えが良いケースもあるので、楽天ポイントを使う場面は必ずあるはずですよ。

本やゲームも楽天ブックスなら、ほぼAmazonと変わらず、即日配送ですからね。もちろん安心のクロネコヤマトです。

Amazonは最近、デリバリープロパイダという個人の配送業者を使っているので、本やゲームはヤマト確定の楽天ブックスを使ってます。

これらの商品を購入する際は、貯まったポイントを使って割引する事も出来ます。
また楽天ポイントは実質、無期限ポイントなのでポイントの期限切れも怖くありません。

さらに、楽天アプリから買い物をすればポイント+1倍なので、実質5%引きで買い物が出来ます。

AmazonもAmazonクレジットカードを展開していますが、あちらは基本ポイント還元率1%、Amazonでの利用で2%なので、楽天カードの5%には勝てません。

楽天カードは、年会費無料のカードの中で最強の節約カードと言えるでしょう。

限度額も100万円+50万円まで伸ばせます

楽天カードは、最初こそ限度額が低めですが、使っていけば最大100万円の限度額まで伸ばせます。

さらに、結婚式や旅行などで、さらに限度額を広げたい場合は『一時的な増枠』が可能で、最大150万円まで広げられるので、メインカードとしては十分な限度額と言えます。

まとめ:楽天カードは自信を持ってメインカードとしてオススメ出来ます

とにかく使っていれば楽天ポイントが1%ずつ貯まっていきますし、大きな買い物をする時に楽天市場+楽天カードを使えば、ガッツリ5%値引きで買えるのでお得ですよ。

入会キャンペーンも随時行っているので、詳しくは公式サイトをチェックしてみて下さい。
▼ 楽天カード 公式サイト

ただし、楽天カードに登録するメールアドレスは、サブのメールアカウントにしておきましょう。

メールがたくさん来てウザいので、サブ垢で管理するか、楽天フォルダを作って置くことをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする