【副業】WEBライターで稼ぐためのコツ。文字単価を上げる方法をクライアント目線で紹介します

どうも!専業アフィリエイターのクロネコ屋です。

低コストで始められる在宅ワーク・副業といえばWEBライターですね。

しかし、WEBライターは単価が安く、あまりの買い叩かれっぷりに問題になった事もありました。一方でWEBライターとして独立して月50万以上稼いでいるライターさんもいます。

「本当にWEBライターって稼げるの?」と疑問の方も多いでしょう。

そこで今回は、WEBライターで稼ぐためのコツを書いていきます。

はじめにWEBライターという仕事について「聞いた事あるけど、よく分からん」という人向けに、ざっくり説明しますので、既にライター業について知っている方は飛ばして下さい。




WEBライターとは?

WEBライターとは「ネットメディア」向けの記事を執筆するライター業です。

CrowdWorks(クラウドワークス)ランサーズといったWEBライターとクライアントをつなげるクラウドソーシングサイトが登場してから、誰でも気軽にWEBライターとして働けるようになりました。

WEBライターの良い所は、パソコンやスマホ、タブレットなどの機器があれば、誰でも簡単に在宅ワークが出来る点です。

クラウドソーシングサイトが間に挟まるので、手数料は引かれますが、報酬は「仮払い制度」で保護されているので、クライアントがお金を払わず逃げるリスクが低いです。

また、個人ではクライアントを探すのが難しいですが、クラウドソーシングサイトでは常に案件が投稿・募集されており、簡単にクライアント(仕事)を見つける事が出来ます。

始めるのに資格もお金も必要ありません。

文字通り『文章でお金を稼ぐ』ライターに誰でもなれる、まさに副業にうってつけの仕事です。

WEBライターの時給と問題点

そんなWEBライターですが、問題点が一つだけ。

それは「文字単価が安い」という問題です。

WEBライターの相場は1文字1円ですが、多くの案件は文字単価0.3円~0.5円で募集されています。

文字単価が0.5円ですと、3000文字書いても1500円。

「NAVERまとめ」のように適当にネットで調べた事を継ぎ接ぎするだけで良いなら、3000文字でも1時間ちょっとで書けるので時給1500円とオイシイですが、専門知識が必要だったり、資料を調べる必要がある案件ですと執筆に2時間~3時間はかかります。

仮に執筆に2時間かかると、時給750円。3時間かかると時給500円です。

在宅ワークとして考えると悪くない時給ですが、よほど文章を書くのが好きな人でない限り「苦労の割に稼げないな…」と撤退してしまうでしょう。

この問題はNHKでも取り上げられました。NHKの特集サイトはこちら↓

・副業貧乏に内職地獄?“ネット・ワーカー”残酷物語(NHKクローズアップ現代)

クライアントも連続して案件を投げてくれるとは限らないです。

特に文字単価1円以下ですと、頻繁にクライアントが蒸発します。

あなたがよほど文章力に優れていて、オリジナリティがあってSEO(検索最適化)に強い記事が書けるなら、クライアントは喜んで継続して契約をしてくれます。

しかし、どこにでもいるWEBライターレベルですと、依頼がぶつ切りになって毎度毎度、クライアントを探す必要が出てきます。

連続して発注してくれるクライアントが複数入れば、在宅ワークで時給750円~1500円と悪くないですが、クライアントを逐一探す手間まで含むと時給300円~500円になる事も…。

文字単価0.1円の仕事なら、もはや時給200円~300円です。そういう仕事は手間はかかりませんが、時給で考えると内職レベルになってしまいますね。

では本題に入ります。

WEBライターの時給を上げるには、どうしたらいいのか?

答えは簡単。

『文字単価が高いクライアントの信用を勝ち取って、継続して割の良い仕事を振ってもらう』

これに尽きます。ちなみに専業ライターでも副業WEBライターでも理屈は同じ。

「それが出来れば苦労しない!」という声が飛んできそうなので、次項では、より具体的な文字単価の上げ方を紹介します。

前提条件:ライターとしての実力を上げること

言うまでもありませんが、そもそもライターとしての能力が低ければ、文字単価の高い仕事は振ってきません。

振ってきてもクライアントが満足出来る記事を書けず「もういいです」と切られてしまうのが関の山。

WEBライターで稼ぎたいなら、まずライティング能力を鍛えましょう。

ライティング能力…といっても難しい話ではありません。

要するに『読み手がスラスラ読める文章』を書けばいいのです。

さらに上のレベルになると

『ついつい読んでしまうクセのあるコラム』

『個人の価値観が上手く記事テーマとマッチングしているオリジナリティの高い記事』

といった独自性も出てきますが、とりあえず初心者はスラスラ読めるレベルの文章を書けるようになればOKでしょう。

私もクライアントとして、自身の運営するウェブサイトの記事案件を発注していましたが、読みやすい文章を書ける人って結構少ないです。

誤字脱字が多い、といった話ではなく、何か読みづらい。読んでいて文章が詰まる。

例えば

「読みやすい文章の書き方を学べる、オススメの本を紹介します」

という一文でも、文章を書き慣れていない人は

「読みやすい文章を書けるようになるためには、本を読むといいと思いますので、そのためにオススメな本を紹介します」

みたいな感じになるんですよ。

口に出して読んでみて下さい。意味は分かりますが、ちっとも頭に入ってきません。これが長文になると更にキツいんですよね…。

句読点の打ち方1つとっても、読み手が理解しやすいよう配慮してるか否かで、文章の価値って恐ろしく変わるんですよ。

ぶっちゃけ誤字脱字は後から直せばいいので、あまり問題にならないです。(多すぎると問題ですが)

副業・専業どっちにしてもライターとしてお金を稼ぎたいなら、読みやすい文章をサッと書けるようにならないと、いつまでたっても文字単価は低いままです。

ライティング能力を鍛えるには、とにかく読む&書く&学ぶ。この3つをシンプルに積み重ねていく事が大切です。

初心者~中級者向けの、ライティングのおすすめ本を紹介しておきます。

「新しい文章力の教室」です。

ライター未経験者を想定した初心者向けの本ですが、書かれている内容は中級者~上級者にも役立つ内容になっています。

とりあえず、この1冊をしっかり読み込んで理解しておけば、後は実践あるのみで文章力は上がっていくと思います。

まさか「文章を書くのは好きだけど読むのは嫌い」なんて事はありませんよね…?

勉強するのが嫌いなら、無理して文字単価を伸ばすのではなく、安くても手間のかからないタスク案件や0.1円~0.2円案件をガンガンこなした方が良いです。

どっちが良い悪いではなく、自分の向いている方を選んで下さい。

ぶっちゃけ勉強をしてスキルを高める…というのは大変です。

副業であれば「時給500円くらいでいいから、手間がかからない案件をハシゴしたい」という人もいるでしょう。

みんな誰しも向上心が強い人では無いと思うので、この先は向上心のある、スキルアップのために努力出来る人だけが読んで下さい。

実績を積んでライター評価をあげよう

ライティング技術を伸ばすのと並行して、実際にランサーズやクラウドワークスで仕事を受注していきましょう。

最初は簡単なタスク記事や、5記事~10記事の小さな案件を拾っていきましょう。文字単価は1円以下でも良いです。

目的は『実績と評価を積むこと』です。

実は、クライアントから見るとライターって非常に多い上に質がピンキリなんですよ。

極端な話、文章を書くだけなら誰でも出来ますし、イラストと違って一発で良し悪しが分からない。だから、ライターを雇うか否かを決めるのは『評価と実績』なんですね。

もちろんプロフィールに武器があったり魅力的な経歴・知識があれば依頼を投げますが、基本的に実績も評価も弱いライターは敬遠されます。

ビジネスの世界では1から初心者を育てるケースは稀で、やはり即戦力が求められるんですよね。

だから、まずは実績と評価を作る。

タスク記事なり簡単な案件を積み重ねていけば、数字は確実に積み重なっていきます。

実績・評価が高くなれば、ようやく文字単価1.5円~2円くらいの案件にも引っかかるようになってきます。

文字単価2円以上の案件は奪い合いなので、実績・評価がないとリングにすら立てません。

金払いの良いクライアントを探す

WEBライターとして仕事を続けていくと、だんだん継続して仕事を投げてくれるクライアントが増えると思います。

しかし、ここで抱え込みすぎると爆発してしまうので、少しずつクライアントを選別していきましょう。

・文字単価に拘らず仕事を請け負っているなら、最低文字単価1円以上にする。

・1円以下の仕事は受けない、お断りをする。

・それでも手が回らないなら、最低1.5円に値上げする

といったように、だんだん自分自身の価格を上げていくのです。

安く人を使いたいクライアントは撤退するでしょうし「単価が上がってもあなたを使いたい!」というクライアントは単価交渉に応じます。

たまに『専属ライターになるなら文字単価上げるよ』と言ってくるクライアントもいますが、あまりオススメしません。

そのクライアントがいつ金回りが悪くなるか分からないですし、専属を良いことに無茶振りをされる可能性があるからです。

フリーランスの強みはクライアント(仕事)を選べる事です。

専属契約は、1社にリスクを集中させるので、こちらの武器を1つ放棄する事になります。

とにかく実績が積み重なって、自分の技術も向上してきたと感じたら、自分を安売りしない事が大切です。

自分の価格を上げ過ぎたら、適正価格に値下げすれば良いだけの話なので、値上げをするデメリットは小さいです。

お金がしっかり回っていて、ライターさんにもお金をガンガン投資するクライアントを2社~3社ほど確保できれば、専業ライターとしても食っていけるでしょう。

副業にしても、かなり美味しい時給になっているはずです。

1文字3円で3000文字なら、1記事9000円。2時間で書けば時給4500円です。

薬剤師並の時給ですね。

高いと思いますか?

確かに高いように見えますが、それでも受注できるなら、それは需要があるという事です。自信を持ってこの価格を提示しましょう。

ちなみに実力がないのに無理に値上げをすると、クライアントが消えて砂漠と化すので、あくまで徐々に適正価格を探りながら文字単価を値上げしていきましょう。

ここらへんの調整は、ビジネスに慣れていない人ですと難しいですね。

可能であればWEBライターのセミナーなどに積極的に参加して、横のつながりを作って情報収集しましょう。同業者と会うことで、自分が安く受けすぎ・高く受けすぎ…という感覚が分かってくると思います。

補足:金払いの良いクライアントって何者なの?その裏側を紹介

お金お金…とお金の話ばかりですみませんが、重要な事なので、まだまだお金の話をしていきますね。

さて、1文字3円~5円も出せるクライアントとは何者なのでしょうか?

1記事3000文字として、1記事に1万円以上も出せるクライアントは限られています。

企業が運営するオウンドメディアであったり、私のようなアフィリエイターかもしれません。

企業運営のオウンドメディアのフトコロ事情は分かりませんが、アフィリエイターであれば、1記事1万円出してもペイ出来る可能性はあります。

例えば、1記事1万円(3000文字)で100記事を発注したら100万円です。発注者であるアフィリエイターからすれば経費(外注費)ですね。

3000文字×100記事あれば、小規模サイトなら、ぼちぼち完成します。

脱毛やクレジットカード、キャシング、青汁、転職といった高単価広告を扱うサイトであれば、100記事しっかりしたコンテンツを入れれば月20万~30万円は稼げます。

もちろんコンテンツ次第では全然売上が出ない事もありますが、仮に月20万生み出すサイトを100万円で作ることが出来たら、投資額を5ヶ月で回収出来ますよね。

ザックリとした話ですが、これが1記事1万円(文字単価3円以上)出せるクライアントの裏側です。

「じゃあ、ライターもアフィリエイトやればいいじゃん」と思うかもしれませんが、月20万確実に回収できる訳ではありません。

場合によっては大赤字になるリスクもあります。

またSEOや広告の見せ方など、アフィリエイターは記事を入れる意外にもやるべきタスクが多いです。

収入はアフィリエイターの方が多いですが、それはあくまで『能力があるアフィリエイター』だけで、ライターが下手に真似しても目論見通り稼げる訳ではないので注意して下さい。

発注側のアフィリエイターが企画の時点でミスをしていて、発注に100万かけたけど月2万円しか売上が出ない…なんて事もあり得る訳です。

WEBライターは記事を書いた時点でお金を受け取れますから、お金を取りはぐれるリスクは小さいです。

「大きなリスクや執筆以外のタスクを背負っても良いから、大きく稼ぎたい!」という人はアフィリエイターになって下さい。

アフィリエイトのやり方は、本を読んで勉強をするのが1番確実です。おすすめのアフィリエイト本はこちら。

・おすすめのアフィリエイト本を紹介!現役アフィリエイターが選んだ書籍はどれ?

当ブログでもアフィリエイター向けの記事を書いているので、よければ参考にして下さいね。

アフィリエイター初心者向けの記事はこちら。

【アフィリエイト】ブログで月3万円稼ぐための戦略

私がアフィリエイトで稼いでる金額を知りたい方はこちらをどうぞ。
税金の観点から、個人事業主ではなく法人化しています。

【収益報告】私がアフィリエイトで1年で稼いだ金額は7500万でした。

文字単価を上げても確保したいライターの特徴

続いて、クライアント視点から「高単価でも使いたい!」と思うライターの特徴を紹介します。

専門知識を持っている or 学ぶ姿勢がある

昨今は、誰でも書けるような記事では検索順位が上がりにくくなっています。

そのため、専門知識を使いこなすライターが求められています。

例えばクレジットカードなら

「Amazonでポイントがお得なカードはJCBとオリコカード。それぞれ比較するとXXX。公式サイトに書かれていないデメリットとしてはXXX…」

など、ジャンル全体の知識が厚く、複数の知識を即座に組み合わせる事が出来るライターさんが強いです。

債務整理やキャッシング、FXといった金融系コンテンツなら、さらに法律の知識なども必要になってくるでしょう。

素人が書いたような「何となく」の知識が見え隠れするような貧弱なコンテンツしか書けないようでは、文字単価3円は取れません。

記事タイトルだけ投げられても、そこから必要な知識を一気にアウトプットしてくれるライター。クライアントから見ると、非常に魅力的です。

専門知識といっても、ネットで詳しく調べて頭に叩き込む、雑誌や関連書籍を読んで知識を蓄積すれば、未経験者でも必ず到達できるラインなので、気負いせず学ぶ姿勢を忘れずにやっていきましょう。

クライアントからすると、1文字3円以上は高単価ですから、相応のクオリティが求められます。

また知識が発展途上であっても、積極的に学ぶ姿勢があれば投資の意味もこめて1文字3円以上出してくれます。

クライアントから信用されるようになれば、単価も上がりやすいので真摯に対応していきましょう。
(ただし、ケチなクライアントには奉仕しても何も返ってこないので注意です)

独自の目線で文章が書ける(毒舌も含む)

これは良し悪しなのですが、個性があるライターは他メディアとの差別化のために高単価で雇われるケースがあります。

例えば妙に心地よい毒舌で、一部に熱烈なファンを作るライター。

毒舌というのはライターに相応しくない…と思う人もいますが、毒は良いものです。毒のない文章など、真っ白なキャンパスばかり見せられているようで退屈です(個人的な感想です)

人間は光もあれば闇もある。

文学は本来、その闇をせきららに書くものであって、綺麗事ばかりでは人間、退屈してしまうんですよ。

小話は置いておいて、毒にせよ切り口や価値観にせよ、オリジナリティがあり、かつ独特の魅力があるライターは高単価での引き合いは少なからずあります。

昨今は、どのサイトも丁寧に記事を書いていますから、差別化が難しいです。

そこで強烈な個性や毒をスパイスとして入れられれば、差別化になります。

諸刃の刃ですが、今は特にそういう個性が求められていますね。

TwitterやyoutubeなどのSNSでフォロワーを抱えていれば、より高単価で仕事を引き受けられるでしょう。

ただし、無理に個性を出そうとしてスベると相当痛いので、ライターとしても諸刃の刃ですね。

私もたまに毒吐いてます。こんな感じに。

まとめ:WEBライターとして稼ぐコツは以上!

もう書くことが無いので、最後に補足をいくつか。

今回、この記事を書くきっかけは、ヒトデさんというブログで月200万以上稼ぐ人気ブロガーさんとの企画でラジオをやった事です。

ヒトデさん流のWEBライターとして稼ぐコツは、下記の「ヒトデ祭りだぞ!」の記事に書かれているので、こちらも参考にどうぞ。

・ネットで食っていくならとりあえずブログやろう(今日はヒトデ祭りだぞ!)

文章って誰でも書けるけど、最後は向上心を持ってスキルアップ出来る人だけが、たくさんお金を稼げるようになるんですよね。

これはWEBライターにかぎらず、どんなお仕事でも一緒かもしれません。

ともあれ、WEBライターは始めるだけならタダですから、気軽に挑戦してみて下さい。

オススメの関連記事

・2018年稼げるアフィリエイトのジャンルを紹介。月100万稼げる商材はどれ?

2018年にアフィリエイトで稼げるジャンルです。
これを知っておくと、どのジャンルに強くなれば稼げるのか見えてきますよ。

・トレンドブログは稼げるのか?真実と仕組みを専業アフィリエイターが解説

芸能人ゴシップやその時の話題を書きなぐるトレンドブログ。
本当に儲かるのか? 詳しく解説しています。

【PR】有料講座でノウハウを公開中です



お金持ちになるためには、自分が寝ている時も働いてくれる『キャッシュマシン』が必要です。多くの人は不動産や株式の配当金を想像しますが、もっと気軽に作れる不労所得がございます。

それが「ブログを収益化する」という方法です。

Brainという有料記事の配信サービスにて、ブログで稼ぐための有料講座を公開しています。どちらも『一個人がブログの広告収入で稼ぐ』ためのノウハウとなっています。

ブログ収益化の月3万円~月100万円まで対応しており「ブログで稼ぎたいけどノウハウがない」とお困りの方に向けた教科書になります。私が実践で得た知見をしっかり書いていますので、稼ぐまでの時短にどうぞ。

ただし、本気で「ブログやアフィリエイトで稼ぎたい!」と考えている人のみ購入して下さい。

アフィリエイトは実際に手を動かさないと結果は出ません。楽して稼げる!といった気持ちで購入するとお金の無駄になりますので、作業できる人のみ参考にして下さい。

・有料講座の一覧はこちら

ツイッターにて無料のノウハウも提供しています↓
私のツイッターアカウントはこちら

合わせて読みたい

当ブログで無料公開されている「アフィリエイト講座」の記事一覧はこちら

・アフィリエイト講座 記事一覧に戻る

私の年間収益報告はこちら

・クロネコ屋の収益報告を見てみる