稼げるアフィリエイトのジャンルを紹介。初心者でも月100万稼げる商材はどれ?


どうも! アフィリエイターのクロネコ屋です。

2017年は、2月のフレッドアップデートをはじめ、年末の健康アップデートなどGoogleによるアルゴリズム変更が多く行われた年でした。

私も2017年2月のフレッドアップデートでは大きく収入を折られてしまいました。

・2月11日・12日のGoogle順位変動を受けて悔しくて夜も眠れない件

・1ヶ月のアフィリエイト報酬が100万ダウン!2017年7月の収益は550万でした

その後、2018年は新サイトを作りまして、上手いこと月50万前後の収益を生み出してくれており、なんやかんや生き延びた…といった所でございます。

新サイトの詳細はこちら⇩

【初心者ブロガー必見】新サイト開始3ヶ月のアクセス推移と記事数
どうも!クロネコ屋です。昨日、伸びシロサロンというCJ社長が運営するオンラインサロンの飲み会で、こんな悩みを耳にしました。新人ブロガーです。まだ6記事しか書いてないんですけど、アクセスが来ず、何を書けば良いの

Googleによる荒波が吹き荒れていますが、まだまだSEOによる集客、そしてアフィリエイトによる収益確保は可能です。

特に個人であれば、あまり固定費がかからないので、まだまだビジネスとして参入の旨味があると言えるでしょう。

しかし、アフィリエイトにおいて一番重要なのが参入するジャンルの決定です。

Googleの変動傾向はあれど、市場に流れるお金自体はそこまで変わっていません。いつの時代も、高報酬の広告・需要が大きい産業ほど、収益の伸びしろがあります。

そこで今回は今からでも稼げるアフィリエイトのジャンルを紹介します。

出会い系・マッチングアプリのアフィリエイト

様々なジャンルで企業サイトや公式サイトが優遇される中、個人ブログでもアクセスが安定するのが恋愛系の記事です。

Twitterでも呟きましたが、恋愛テーマは本当に1年中、アクセスが安定します。価値観や悩みが多様なのでキーワードも多く、年代問わず検索需要が大きいです。

ただし、恋愛系のブログはアドセンス単価が安いのが弱点です。というのも、購買力の低い中高生も多く検索するため、広告単価がどうしても落ちてしまうのです。

そこでオススメなのが、出会い系やマッチングアプリのアフィリエイトにつなげる手法です。

出会い系・マッチングアプリは18歳以上でないと使えませんが、単価が高く、恋愛テーマからつなげやすい商材です。

報酬単価は2000円~5000円で、さすがに1万円はいきませんが、承認率が高く安定して稼げるのが魅力です。

「異性との出会いを求める」という需要は、恐らく今後も無くなりません。

スマホが普及しきった今、ネットで出会う事へのハードルは男女ともに低くなっており、出会い系・マッチングアプリのアフィリエイトは手堅いです。

ただし、恋愛系ブログにパッと広告をはっただけでは発生しません。

恋愛記事は需要が大きいとはいえ、流し読みされるケースも多く、出会い系・マッチングアプリの広告を記事下に置くだけではダメです。

婚活、お遊び、大人の恋愛(不倫など)、真剣な出会い、玉の輿…等々。

恋愛に何を求めるのか、テーマとユーザーの欲望をしっかり捉えて、サービスを訴求する必要があります。

このジャンルに関しては、下記の記事でノウハウを紹介しているので参考にして下さい。

・出会い系アフィリエイトで稼ぐコツと記事の書き方。初心者でも稼ぎやすいジャンルで月10万も半年で達成可能

転職アフィリエイト

転職系ジャンルは、私も参入していますが、まだまだ需要が大きいです。

というのも、少子高齢化によって人材不足が顕著になり、高度人材の取り合いが激しくなっているからです。

もともと広告単価は高めですが、今後さらなる単価上昇もあり得ます。

クロネコ屋の転職アフィリエイト講座でも書きましたが、コツを掴めば訴求もしやすく、今後の市場拡大が期待できるジャンルです。

懸念点は、マイナビなど公式メディアがSEOで強くなってきている点です。

メジャーなワードを公式メディアが支配しようとしている傾向があるので、差別化を図る必要があります。

転職とは少し違いますが、派遣業のアフィリエイトも単価高めで、需要も底堅いです。

景気が良いとは言え、事務職やコールセンターなど『誰でもできる仕事』は非正規雇用で回したい…というのが企業の本音ですからね。

派遣は『子育てと両立したい、柔軟に働きたい』という子育て中の主婦とマッチングする事もり、求人需要はまだまだ底堅いですからね。

時給も一般的なバイトより高く、残業代・有給なども貰えるので訴求しやすいです。

クレジットカードアフィリエイト

クレジットカードのアフィリエイトは、年会費無料のカードならユーザーの負担なく作れるため、ハードルが低いです。

さらに単価も高い&ポイントでお得など訴求がしやすいため、月100万を狙えるジャンルです。

例えば楽天カードやYahooカードは、それぞれ『楽天ポイント経済圏』『Tポイント経済圏』を有しており、使い方次第でお得になりますから、節約目的で訴求しやすいです。

ただし、提携までのハードルが高く、表記修正の指示が多いのがデメリットですね。

それでもカードローンアフィリエイト等に比べると、提携までのハードルは低いです。

日本のクレジットカードの普及率は、まだまだ低いです。

少子高齢化によって、初めてクレジットカードを作る18歳の人口は減っていますが、市場自体は安定しており参入余地は十分にあります。

真正面から攻めると、競合が激しく厳しいですが、絡み手を使ってニッチなワードから攻めていくと、まだまだ発生します。

初心者にオススメなのは楽天カードのアフィリエイトです。

私も楽天カードをメインにしていますが、とにかく楽天ポイント経済圏が強く、審査も若干ゆるいです。

・楽天カードをメインカードとして5年使ってみた感想。家具や家電を買う時に楽天市場+楽天カードは輝きます

楽天カードは提携も簡単で、なおかつ雑記ブログなどで容易に紹介できるので、まずは楽天カードからスタートしてみる事をオススメします。

いきなりアメックスゴールドカードなど難しい所を攻めると撃沈します\(^o^)/

カードローン・キャッシングアフィリエイト

『お金を借りる』
という需要は確実に底堅いです。

私はキャッシングアフィリエイトはあまり手を回していないのですが、「お金ない」系のワードはアクセスが多い傾向にありますね。

世の中、どうしても『その日暮らし』になってしまう人はいます。
カードローンやキャッシングは、その層の人達の圧倒的な需要によって回っています。

お金は誰もが必要なものですから、キャッシングの需要はなくならないでしょう。

単価も高く、需要もあり、CVしやすい…とアフィリエイトをするには最強のジャンルですが、提携ハードルが高く、お国の締め付けによって即日融資に規制が入るなど逆風も吹いているジャンルです。

しかし、まだまだオワコンではない…というか、お金を借りたいという需要は決して消えないと思うので、本気で取り組みたい人におすすめのジャンルです。

私の運営してるブログにも「お金ない」系のアクセスは結構あります。

表記修正など、メンテナンスが面倒という話を聞きますし、中級者~上級者向けですね。

トレンドブログ

トレンドブログは昔からある手法で「その瞬間に検索数が上がっている流行ワードを狙う」という手法です。例えば「君の名は」のような超人気映画が出たら速攻で感想や考察記事をあげて、瞬間的にアクセスをキャッチする…といった方法ですね。

トレンドブログは旬がすぎるとアクセスが減るので、資産性という意味では弱いです。しかし瞬発力が高く、初心者でもアクセス&収益を一気に取りやすいので初心者にオススメの手法です。

また、トレンドブログは下記3点を考える訓練になるので、マーケティング力がつきやすいです。

・いま最も検索されてるワード
・検索してる人が読みたいであろう記事
・競合がまだ目をつけてない切り口

すべてのジャンルに対応できるので、自分の得意ジャンルでトレンドブログをやるのが良いでしょう。

私が実際にやったトレンドブログ記事の実例と稼ぎ方は、下記のトレンドアフィリエイト講座で書いてます。

速攻で稼げる!トレンド記事の書き方マスターブック | クロネコ屋 | Brain
どうも、クロネコ屋です。突然ですが、皆さんはこんな悩みを抱えていませんか?「ブログは稼げるって聞いたけど、何を書けばいいのか分からない…」「いざブログを立ち上げてみても、アクセスが全然集まらなくて辛い」・記事のネタ切れ・アクセスが集まるまでの空白期間この2つは、初心者ブロガーにと

有料講座ですので、実際に収益をあげた記事と、狙ったキーワードをすべて公開しています。もちろん手法は丸パクリOK。

トレンドブログでサクッと1日1万円を稼ぎたい人は、参考にしてください。

債務整理(借金の相談)

借金する人が多いのと同時に、債務整理…

つまり借金を返せなくなって、自己破産したい!という人も増えます。

債務整理は、弁護士や司法書士に相談する必要があり、弁護士事務所がアフィリエイト広告を出しています。

今の時代、弁護士も不景気でして、集客に力を入れている事務所が多く、広告費は高めです。

法律の知識が必要になるので、コンテンツを作るのが非常に大変ですが、アドセンス単価も高い&広告も高単価なので、法律に抵抗がない人は勉強してチャレンジしてみましょう。

FX・資産運用

FXをはじめとする資産運用も、まだまだ高単価なテーマです。

最近は、ウェルスナビを始めとしたロボアドバイザーによるAI投資案件も出てきましたね。

FXはギャンブル的な使い方が出来る&一発逆転を狙う人が多いので、非常に参加人口が多いです…! もちろんスワップ投資など、手堅い投資もあるのですが、やはり手っ取り早く稼ぎたい人が多いのかもしれません。

どんな訴求をするかは人それぞれですが、あまりギャンブル的な要素に振りすぎると、あとでアップデートをくらうかもしれません。

YMYL(Your Money or Your Life)と呼ばれる、Googleが監視を強めてるテーマですので、警戒しつつ執筆しましょう。

不動産購入・売却・投資

不動産テーマも高単価ですね。不動産の売買は非常に大きなお金が動くので、広告費も大きいです。特に広告をはらなくても、不動産テーマのブログではアドセンス単価が高めです。

アドセンスでは、野村不動産のマンション(プラウド)など新築マンションの公式サイトが広告を出している事が多いみたいですね。

不動産投資の広告も多いですが、中には『スルガ銀行のかぼちゃの馬車案件』のような、詐欺スレスレの投資広告もあるので注意が必要です。

マイホーム購入や住み替え、リフォーム、住宅ローンの適切な借り方など、書くべきテーマは多岐にわたりますので、ネタ切れしにくいのも良い点です。

ちなみに、私も少しだけ不動産の記事は書いてます↓

・新居に入れる家具の選び方と注意点。実際にマイホームの家具選びで迷った私が思うこと

・東京で築15年の中古マンション購入は得?10年住んだ時のコストを賃貸と比較してみた

恋愛

恋愛ジャンルは、需要が大きく、なおかつ時代と共に腐らない永遠のジャンルなのでオススメです。

初心者でも書きやすく、専門知識をそこまで必要としないのも強みですね。

アドセンス単価は低いですが、恋愛記事からマッチングアプリ、婚活、美容などの広告案件に繋げられるので収益化は可能です。

恋愛ジャンルの記事の書き方、検索されやすいキーワードなどは、下記の恋愛ブログ講座にて解説していますので、参考にして下さい。

・クロネコ屋の恋愛ブログ講座【初心者向け】

ヒント:高単価テーマはアドセンスだけでも稼げる

今回あげたような高単価なテーマは、アドセンス単価も高いので、ASP広告を貼らずともアドセンスだけで稼ぐ事も可能です。

テーマを定めない雑記ブログですと、どうしてもアドセンス単価が低くなりがちですが、上記のような高単価テーマを意識して書くと、アドセンス単価を上げる事ができます。

ただし、どのテーマも競合が強いので、なるべく目線をずらしたり、ポジションをずらしてアクセスを拾っていくと良いでしょう。

まとめ

以上、今年稼げるアフィリエイトのジャンルを個人的にまとめてみました。

あとはTwitterでも呟いている通り、Amazon系のサービスもまだまだ稼げますよ。

単価が低いので、月100万を目指すのはかなり大変ですが、Amazonブランドの強みを活かせるので初心者向けです。

今回、紹介したジャンル以外にも、アフィリエイトには様々な商材があるので、自分が無理なく書けそうで、なおかつ高報酬の広告を探してみましょう!

関連:【アフィリエイト】ブログで月3万円稼ぐための戦略

関連:おすすめのアフィリエイト本を紹介!現役アフィリエイターが選んだ書籍はどれ?

【PR】ブログで稼ぐための有料講座を公開中です



お金持ちになるためには、自分が寝ている時も働いてくれる『キャッシュマシン』が必要です。多くの人は不動産や株式の配当金を想像しますが、もっと気軽に作れる不労所得がございます。

それが「ブログを収益化する」という方法です。

Brainという有料記事の配信サービスにて、ブログで稼ぐための有料講座を公開しています。どちらも『一個人がブログの広告収入で稼ぐ』ためのノウハウとなっています。

ブログ収益化の月3万円~月100万円まで対応しており「ブログで稼ぎたいけどノウハウがない」とお困りの方に向けた教科書になります。私が実践で得た知見をしっかり書いていますので、稼ぐまでの時短にどうぞ。

ただし、本気で「ブログやアフィリエイトで稼ぎたい!」と考えている人のみ購入して下さい。

アフィリエイトは実際に手を動かさないと結果は出ません。楽して稼げる!といった気持ちで購入するとお金の無駄になりますので、作業できる人のみ参考にして下さい。

・有料講座の一覧はこちら

ツイッターにて無料のノウハウも提供しています↓
私のツイッターアカウントはこちら

合わせて読みたい

当ブログで無料公開されている「アフィリエイト講座」の記事一覧はこちら

・アフィリエイト講座 記事一覧に戻る

私の年間収益報告はこちら

・クロネコ屋の収益報告を見てみる