2018年一番お得に旅行券が貰える「ふるさと納税」を紹介。私が選んだ自治体はこれだ!

どうも!クロネコ屋です。皆さん、ふるさと納税はもうやりましたか?

ふるさと納税というと

「名前は聞いた事あるけど、やった事がない」

「肉とか果物がお得にもらえるアレでしょ?」

という認識の人も多いと思います。

しかし、ふるさと納税=肉や果物…といったイメージはもう古い。

私が選んだふるさと納税は『HIS旅行券』です。

HIS旅行券は、大手旅行代理店のHISで使える商品券です。金券ショップに売却しても90%で買い取ってもらえます。

換金もできる、旅行にも使える…と、ほとんど「お金」みたいなものですね。

私は10万円を寄付したので、5万円分のHIS旅行券が届きました。

寄付をした自治体は『佐賀県みやき町』です。

ふるさと納税サイト「ふるなび」から寄付しました。

「いやいや、10万寄付して5万の旅行券って、5万円損してるじゃん!」

と思った方。いえいえ、実質に私が払う金額は『たったの2000円』です。

ふるさと納税は

『寄付した分だけ、来年の税金が安くなり、実質2000円で商品が貰える』

という制度ですからね。寄付した後、簡単な手続きをすれば、翌年の所得税・住民税が「寄付した金額-2000円分」だけ控除されて安くなります。

・ふるさと納税で、お得になる実例

2018年に3万円をふるさと納税

→ 2019年の所得税・住民税が2万8000円安くなる

→ 実質、2000円の負担で返礼品ゲット!

住民税・所得税が高ければ高いほど、控除できる金額も増える=寄付できる金額が増えるため、高所得者ほど得をするという仕組みになっています。

そのため『お金持ちのための制度』なんて批難される事もしばしば…

しかし、年収300万でも2万円以上の寄付が可能なので、所得が高い人だけが得をする制度ではありません。

私の場合「2000円で5万円の旅行券ゲット」という事になります。

めっちゃお得だと思いませんか…!?

国のお墨付きなので、完全合法で旅行券を超お得にゲット出来ちゃうんですよ。

しかも、面倒くさい手続きも一切なし。ワンストップ特例サービスを使えば、封筒をポンと出すだけで終わり。

さらに、ふるなびではクレジットカードで寄付をすると、寄付額の1%のAmazonギフト券を貰えます。

私は10万寄付したので、1000円分のAmazonギフト券も貰えます。これで、実質払う金額は1000円。

1000円で5万円もらえるって…バラ撒きも良い所です!

クレジットカードをまだ持っていない方は、楽天カードがおすすめです。ポイント1%付くのでお得ですよ。

・楽天カード 公式サイト

ここまで読んで頂ければ、ふるさと納税が、いかにお得な制度である事が分かったと思います。

今回は

・ふるさと納税のやり方

・お得な商品(旅行券・商品券)

を紹介していきます。




ふるさと納税のやり方

まず、簡単にふるさと納税のやり方についてまとめます。

  • 自分の寄付金上限を確認する
  • お得な返礼品の目星をつける
  • ふるなびで目当ての自治体ページに行く
  • 寄付する
  • 商品と寄附金受領証明書を受け取る
  • ワンストップ特例サービスの封筒を送る or 確定申告する

まずは下記のサイトで、ふるさと納税の上限額を確認しましょう。

・ふるさと納税 寄付金上限シミュレーション

「来年の税金から引かれる」という制度なので、細かく寄付金上限を調べようとすると、計算が非常に面倒くさい事になります。

なので、上記の簡易シミュレーションでザックリと寄付金上限を調べて、上限より5000円~1万低めで寄付をするのが一番楽です。

・参考

年収300万(単身者):寄付金上限 2万8000円

→ 2万円を寄付

年収400万(単身者):寄付金上限 4万3000円

→ 3万5000円を寄付

続いて、お得な返礼品の目星をつけましょう。

私が今回、選んだHISギフトであれば、特典・ギフト『佐賀県みやき町』で検索すれば表示されます。

直リンクも置いておきます↓

・ふるなび 検索結果(HIS旅行券)を見てみる

お目当ての商品を見つけたら、サクッと寄付します。

この時「ワンストップ特例サービスを利用する」にチェックマークが入っているか確認しましょう。

ワンストップ特例サービスとは、封筒を送るだけで確定申告不要になるサービスです。

確定申告をしない会社員の方は、これをやらないと年末に確定申告をするハメになります。

注:確定申告を忘れたら大損ですよ

ふるさと納税は、来年の税金から寄付した分だけ税金が割引される…というシステムなので、確定申告をしないと恩恵が1円も得られません。

自営業の方なら、毎年、自分で確定申告をするので問題ないのですが、サラリーマンですと確定申告を忘れてしまうケースが多いです。

なので、会社員の方は絶対に、封筒一つ送るだけでOKのワンストップ特例を利用するようにしましょう。

確定申告する方は「寄附金受領証明書」をなくさないよう注意

確定申告をする人は、返礼品と一緒に送られてくる『寄附金受領証明書』をなくさないよう大事に保管しましょう。

失くしても、自治体にお願いすれば再発行も可能ですが、時間がかかります。

寄附金受領証明書は、確定申告をする際に添付書類として確定申告書に貼り付けます。

無事、ワンストップ特例 or 確定申告を終えれば手続き完了です。

2018年お得なふるさと納税の自治体と返礼品はこれだ!

ふるさと納税の返礼品は、年々変わります。

2018年現在、お得な返礼品をまとめて紹介します。

1位:佐賀県みやき町『HIS旅行券』還元率50%(2018年9月11日終了)

・追記

この案件は2018年9月11日に終了しました。総務省からの規制に対応したようです

1位は私が選んだ佐賀県みやき町のHIS旅行券です。

還元率は寄付金の50%とトップクラス。

HIS旅行券は有効期限が無期限で、金券ショップでも90%買い取りという優秀な旅行券です。

大手旅行代理店のHISで使えますので、使い勝手も良好です。国内だけでなく、海外旅行にも対応しています。

寄付金は2万円~200万円と幅が広く、高額納税者にも人気のふるさと納税です。

デメリットとしては、店頭でしか使えない・お釣りが出ない…という点です。

実際に使うもよし。金券ショップで買い取りをお願いするもよし。

非常に小回りの効く返礼品といえるでしょう。

こういった還元率の高い旅行券は、国に規制される可能性が高いので、早めに寄付をしておきましょう。

・規制かかる「ふるさと納税」 高還元率を貫く自治体の言い分(NEWSポストセブンより)

総務省の主張

・返礼品の還元率を3割以下に抑える
・商品券など換金性の高い返礼品は避ける
・電子機器、貴金属、宝飾品など資産性の高いものは避ける

HIS旅行券、還元率が3割どころか5割なんですが…

ふるさと納税は年内であれば、いつでも寄付可能ですが、総務省の一撃によって消える事も多いです。

旅行券、商品券といった返礼品は、早めに確保しておきましょう。

・この自治体に寄付する(HIS旅行券)

旅行券はいつ届くの?

ふるさと納税で寄付をしてから、約1ヶ月後にゆうパックで送られてきます。

2位 大阪府泉佐野市『Peachポイント』還元率50%

格安航空であるピーチ航空で使える、Peachポイントが貰えます。還元率は50%です。

有効期限が付与から180日以内と、HIS旅行券に比べて制約が厳しいものの、ポイントで航空券を購入できるので交通費に出来ます。

アジア旅行や帰省の予定がある方には最適です。

ピーチ航空の公式サイトに路線と料金表が載っているので、参考にしてみましょう。

・ピーチ航空 公式サイト

寄付からポイント付与までの時間も、あまりかからないのでオススメです。
Peachポイントはメールアドレスに送られてきます。メールに記載されたポイントコードをピーチ航空のWEBサイトで使いましょう。

・この自治体に寄付する(Peachポイント)

3位 静岡県小山町『サーティワンアイスクリームギフト券』還元率40%

最後に、おすすめの商品券を紹介します。

こちらはサーティワンアイスクリームのギフト券です。寄付金の40%分のギフト券が貰えます。

こちらも有効期限が無く、サーティワンアイスクリームを良く使う人なら美味しいアイテムです。
金券ショップでも90%ほどで取引されています。

静岡県と何か関係があるのかな…という疑問を抱いちゃダメです。

・この自治体に寄付する(サーティーワン)

余談ですが、検索する時は『サーティーワン』ではなく『サーティワン』ですよ。

これ間違えると出てこないです。『静岡県小山町』で検索した方が確実かも…笑

まとめ:お得なふるさと納税を利用して返礼品を貰おう

今回は旅行券を中心に、おすすめの3点を紹介しました。

旅行券や商品券なら換金も出来ますし、ポイントなら交通費代わりに使えます。

ワンストップ特例制度のおかげで、面倒くさい手続きも一気に減りましたので、ぜひ気軽にふるさと納税をしてみて下さい。

追記:早く寄付しないと規制されてしまいます!

残念なお知らせです。

今回、紹介したお得な自治体ですが、総務省の「3割以上の返礼を行っている自治体への警告リスト」にピックアップされてしまいました。

・ふるさと納税「国に反逆」12自治体を初公表…泉佐野市など、豪華返礼品抑制せず

1位で紹介している佐賀県みやき町も入ってます。

というか2位、3位見事にランクイン。やはり「お得すぎる」という事で目立ちすぎたのでしょう。

これまで口頭での注意喚起はありましたが、リストとして警告したのは初めて。粛々と規制への外堀を埋めに来た感じですね。

幸い、まだ具体的な規制はされていませんが、1年以内に何らかの法規制がされる事は明白でしょう。

規制前に寄付をしておけば、返礼品は必ずもらえるので、早めにふるさと納税を済ませておきましょう。