お金持ちは思考回路が明確に違う。貧乏人が知らない第三の選択肢とは?

クロネコ屋です。皆さんは、お金持ちと万年貧乏の人って、思考回路が明確に違う…という事実をご存知ですか?

なぜ思考回路が違うのか。

お金持ちは「お金の働かせ方」をよく知ってるからです。

有料講座「お金持ちなる方法 7つの知識」でも書いたけど、お金に働いてもらう方法を知らないと、マジで損しますよ。

今回は、お金持ちの思考回路の話を5分程度で解説します。




お金持ちは「お金の働かせ方」を基準に動く

普通の人は、お金持ち=年収1000万とか、ビジネスで成功した社長みたいのを想像するけど、数字だけで捉えると本質を見失うんですよね。

あまりにも安直というか、ガワしか見てないっていうか。美人を見て「美人ですね!」としか言えない男みたいな。

年収や派手な成功談で、お金持ちを知った風になるのは、テレビをボーッと受け身で見てる老人と同レベルです。ちょっと毒舌だけど、はっきり言います。

本質をお話します。

お金持ちは『お金の働かせ方』を基準に動いてるんですよ。

投資して、リターンはいくら返ってくるか。そういう思考で物事を見てる。数字が低かろうと高かろうと関係ない。

例えば、年収300万の会社員。だいたい手取り240万ですよね。

節約を頑張って、根性で月10万貯金する。年間120万の貯金。

それを5年続けて貯金600万。

この600万を、皆さんはどう考えますか?

「コツコツ頑張って貯めた600万。絶対に手放したくない」
「ちょっとくらい贅沢しても、かまへんか!車買お!」
「この貯金を使って起業するぞ」

いろいろな捉え方があると思います。けど、お金持ちは、もうひとつの見方をここに加えるんですよ

「600万×年3%で投資を回したら、年18万の不労所得を受け取れる」

600万の資産=年収+18万を生み出す権利。

これが、お金持ちの人だけに見える、もう1つの世界です。

年3%のリターンは猿でも取れる

昔は、預金金利が3%とか5%あったので、誰でも簡単に「貯めておけば増えるぞ」というのが理解できたのですが、今は低金利の時代で、銀行に預けていても0.01%しか利息がつきません。

利息3%どころか、1%も難しい。

けれど、世界経済の成長に目を向けると、明らかに年3%のリターンはあるんですよ。

ぶっちゃけ日本の年金機構(GPIF)と全く同じポートフォリオで投資しても、3%取れる。丸パクリで放置しても年3%。

2020年度の運用状況|年金積立金管理運用独立行政法人
年金積立金管理運用独立行政法人のWebサイトです。GPIFの2020年度の運用状況を掲載しています。

お金の働かせ方…つまり資産運用の基本を知っていれば、3%の利回りは放置してても取れるって事です。昔は銀行に預けていればOKだったから、万人が円預金で資産運用をしていた。

今は、米国株やREITなどに能動的に投資していかないと、リターンは取れません。だから無知な人は「利回り」で考えられない。それどころか、暴利のリボ払いで散財したりする。

お金持ちは、600万円をただそのまま600万と考えず「投資していたら、年間いくらのリターンが入ってくるか?」という長期的な目線で見る事が出来る。これが、お金持ちの視点です。

不労所得の魅力に気付きなさい

もちろん、いくら不労所得といっても、年+18万だけじゃ生活できません。ただ「自分の能力に関係なく年収を18万増やせる」と考えたら、魅力的な選択肢だと思いませんか?

「いやいや、そんな18万のために我慢した生活をしなきゃいけないなら、パーッと使った方がいいわ!金がなくなったら、また働けばいいじゃん」

と考える人もいるでしょう。それも1つの考え方です。労働して、稼いだ分は使っていく。宵越しの金は持たぬ主義。

ただ、不景気、年金不安、増税…といった締め付けの強い現代でも、その主義は貫けるでしょうか?

私はちょっとムリです。常に走り続けてるのは、難しい。年を取れば思考も衰えるし、カンも鈍る。常にエースプレイヤーでいることは出来ません。

そんな時に、不労所得があれば心強いですよね。

だから、まだ若いうちに『ただの貯金を、年3%リターンを生み出す源泉として捉える』という視点を持っておいた方が良いです。

最初は小さくてもいい。100万円×年3%で年収+3万のショボい不労所得でも良いんですよ。「貯金を適切に投資すれば、年3%を生み出す」という視点を持っておくこと。

いきなり年収1000万稼ぎたいとか、独立して大成功したいとか、そういう現実離れした憧れよりも、まずは資本主義に思考を合わせて「搾取されない思考回路」を持つことが、お金持ちへの第一条件だと私は思います。

合わせて読みたい

フリーランスの不安定+年金不安リスクは『配当金』で解消しよう
どうも!フリーランス歴5年、1人法人化も果たして何とか生き残ってるクロネコ屋です。フリーランスのリスクって色々ありますよね。例えば 給料の保障が無い 倒れた時の保障が無い 年金が薄い(国民年金は月5万!)