【ブログ執筆】長文を無理なく書き上げるコツ

こんにちは、クロネコ屋です。

みなさんは「長文が上手く書けない!」と悩んでいませんか?

ぶっちゃけ長文を書くのって、かなり大変です。私は元プロの作家ですが、未だに長文を書く際はエネルギーを大量に消耗しますし、1文字も書けなくなってしまう時も多々あります。

  • ブログを書こうと思ったけど、グチャグチャになった
  • そもそも何を書けばいいのか分からない
  • 卒論を書かなきゃいけないのに、1文字も進まない

このように、ブログに限らず、卒論、報告書、果ては履歴書の志望動機などなど、長文に苦しめられるターンは人生で何度も訪れます。

しかし、逆に言えば「長文を書く技術を習得すれば、かなり人生が有利に運べる」という事です。

  • ブログをスラスラ書けるから、SEO集客が出来て儲かる
  • SNSで長文を落とせるから、印象に残るコンテンツを作れてフォロワーがガンガン増える
  • 卒論も楽勝
  • 就活の志望動機も綺麗に書けるから、面接官にウケが良く大企業の内定ゲットできる
  • 歳を取っても文章力は衰えないので、定年後もライターで稼げる

このように、長文を書く技術はいつの時代でも使える有益な技術なのです。習得するメリットは大きい。

「けど、そうは言っても長文を書くの苦手だ…」

という人に向けて、今回は『長文を無理なく書く方法』を紹介します。

作業をスモールステップ化しよう

長文を書き始める前に、やって欲しい作業があります。

それは『スモールステップに落とし込む』という作業です。

スモールステップとは、いわゆる小さな作業の事です。例えば、いきなり「3000文字を書き上げる!」と考えると、負担が大きすぎてツライ。

しかし「まず記事タイトルだけ考えよう」とスモールステップに落とし込むと、気が楽になりますよね。

小説もそうなのですが、まったく何の設定もキャラクターも決まってない白紙の状態から本文を書くのは難しいです。なので、最低限、

・主人公
・舞台
・ストーリーの一行あらすじ
・どんでん返し
・オチ

この5つを簡単に決めてから書き始めます。これはブログや履歴書などでも一緒です。

実際に、私はブログを書く時はこのようなスモールステップを使っています↓

  • 記事タイトル(テーマ)を考える
  • 記事の結論を考える
  • 結論に対する根拠(理由)を考える
  • とにかく雑に書きたい事を箇条書き
  • そこから不要なもの、重複してるものを削る

最初はこの5ステップを、上から順番にこなしていきます。

1つ1つの負担を小さくしているので、気軽に取り組めます。そして、これらの作業は独立しているので、例えば「記事タイトルだけ作って寝る」など中断も簡単にできます。

RPGに例えるなら、セーブポイントがたくさんあるイメージですね。もしくは「いつでもセーブ」が出来る感じです。難易度が下がって、気楽に遊べますよね。

これが「長文を仕上げるまでノンストップ」ですと、かなり筆がノッてる状態でない限り無理です。

そして、最初の5ステップが終わり次第、ようやく本文を書き始めます。

本文を雑に仕上げた後の4ステップ

あらかた本文を書き終えたら、最後に下記の仕上げをします。これは公開後のリライト時でもOKです。

  • 情報の整理整頓して仕上げる
  • リサーチをしっかりやって取りこぼしを探す。
  • 外部リンクを上手く使う
    (専門知識は外部リンクで他サイトに飛ばした方が楽)
  • 水増しは絶対にしない

If:それでも書けない場合↓

もし本文が上手く書けない時は、こちらのステップに移動します。

  • 書けない時はもうメモだけ残して寝る。
  • そして次のネタにサクッと進む。
  • 定期的にそのメモを見直す(ネタ帳を作っておく)
  • すると、いつか書ける時がくる。

このようなステップを用意しておけば、どの時点で中断しても作業が無駄になりません。結果として、最大限のアウトプット量が確保できます。

昨日の夕飯の残りを、翌日の昼に食べる的な。ゴミの出ないエコな設計をしてあげると、あなたの思いついたアイデアが無駄になりません。

音声入力で雑に作る

iPhoneのメモ機能を使って、音声入力で雑にアイデアを書くのもオススメです。

このアイデアメモから作った記事はこちら。見比べてみて下さい▼

なぜブログ・SNS運用の0→1段階で量をこなす必要があるのか?答え:多角的に魅せるため。

インプットが足りないと長文は書けない

そしてもう一つ、見落としがちな点なんですけど、インプットしないと長文は書けません。

インプットというのは、すなわち学習の事です。本を読んだり、Twitterやインスタでみんなの意見を見たり、経験を積んだり。本で得た知見の中から、ヒントになるものを拝借したり、あるいは自身の経験からアイデアを見出したり。

ここがスカスカですと、長文を書こうと思ってもキツイです。

乾いた雑巾をいくら絞っても水は出ません。まずは水が必要なので、給水(つまり勉強とリサーチ)をしましょう。

インプットした情報量が豊富であればあるほど、箇条書きの段階でガンガンネタを出せるので楽になります。そこから削っていけばいいから。

なので、長文を書きたいなら、インプット量は多めを意識しましょう。インプット量が少ない状態で、無理に書かない。

効率的な勉強方法は、こちらの記事にまとめてます↓

・効率的な学び方とは、付箋と赤ペンで汚しまくる事である

【スランプ】どうしても書けない時は書かない

ここまで長文を無理なく書く方法を書きましたが、それでも書けない時は、もう書かないで下さい。

執筆というのはマラソンと一緒で、ヘロヘロの状態で走ろうと思っても走れないものです。なので、どうしても書けない!という時は、一旦筆を置いて脳を休めましょう。

スランプ時は、とにかくリフレッシュに時間をさいた方が良いです。リサーチもインプットもサボる。

もう無心でゲームやるだけ、みたいな時間の使い方をしたほうが、経験上、筆が戻ってくるの速いです。

まとめ

まとめます。

・スモールステップ化
・インプット量を確保
・書けない時は休む

これだけ意識していけば、長文を無理なく書き続けることが出来ますよ。

オマケ:私がこの記事を書く時に使った箇条書きメモです↓

関連記事

やる気の出し方について、こちらの記事も合わせてどうぞ↓

・やる気が続かない理由は期待値が高すぎるから。

こちら有料ですが、文章力の強化講座やってます。800部以上も売れた人気講座です↓

・独創的ライティング講座

【PR】無料メルマガ講座はじめました

最小限の努力でお金持ちになれる方法を知りたいですか?

お金持ちになるには、働かずとも得られる収入「不労所得」が必要です。多くの人は不動産や株式の配当金で不労所得を稼ごうと努力しますが、もっと気軽に――かつ、低コストで稼げる不労所得がございます。

それが「稼げるブログを作る」という方法です。

ブログは高い固定費を必要としません。月1000円弱のサーバー代さえあれば、誰でも月100万以上を稼げるメディアを持つ事が出来る、個人起業にもっとも適したビジネスです。

しかし、初心者がブログで稼ぐのは容易ではありません。昨今はSNSも育てなければならず、不労所得への道のりは複雑化しています。

そこで、ブログ×SNS戦略で2億円を稼いだ私が「稼げるブログの作り方」を1から教える【無料メルマガ講座】で学びましょう

今メルマガに登録すると、1200円相当の有料講座を無料プレゼントでもらえます。

無料登録するだけで"タダ"でもらえるので、このチャンスにぜひ稼げる情報を0円でGetして下さい。

ブログ収益化の月3万円~月100万円まで対応しており「ブログで稼ぎたいけどノウハウがない」とお困りの方に向けた講座になります。私が実践で得た知見をしっかり書いていますので、稼ぐまでの時短にどうぞ。

ただし、本気で「ブログで稼ぎたい!」と考えている人のみ受講して下さい。

ブログは実際に手を動かさないと結果は出ません。楽して稼げる!といった気持ちで受講すると時間の無駄になりますので、作業できる人のみ参考にして下さい。繰り返しますが、無料です。

・無料メルマガ講座の案内ページはこちら

ツイッターにて無料のノウハウも提供しています↓
私のツイッターアカウントはこちら

合わせて読みたい

当ブログで無料公開されている「アフィリエイト講座」の記事一覧はこちら

・アフィリエイト講座 記事一覧に戻る

私の年間収益報告はこちら

・クロネコ屋の収益報告を見てみる