【自社商品マーケ】旧作を新規フォロワーに買ってもらう方法

こんにちは、クロネコ屋です。

自社商品を出している皆さん、もしかして「作品を出しても、売れるのは発売月だけ」なんて状態になっていませんか?

せっかく良い商品を出しても、新作しか売れない状況は、泳ぎ続けないと死ぬマグロみたいなビジネスモデルで、正直あまり美味しくないです。

せっかく丹精込めて作った商品があるのだから、出来れば新規フォロワーの人に旧作も合わせて買って欲しいですよね。

そこで今回は、いかに旧作を新規フォロワーの人に買ってもらうか? という戦略をお話します。

結論:旧作品につながる投稿を作って宣伝しよう

いきなり答えを見せます。この3つの連続ツイートから旧作Brain2件売れてます↓

このツイートの流れは

  • 年収3000万を稼ぎたいなら自社商品必須
  • まずは300円の有料noteでいいから売ってみよう
  • 有料noteの作り方は過去の講座で解説してるよ

と、実はセールスライティングの基本にそってるんですよね。

セールスライティングの基本はこちら↓

【初心者向け】超簡単なセールスライティングの書き方を教えます

「Aしたいなら、Bしましょう」

「Bを始めるならCという方法がオススメ」

「Cの始め方はこちらの講座をどうぞ」

こんな感じ。流れるように無理なく講座PRにつなげてます。

シンプルに「過去にこんな講座も出してますよ」とアピールするのも良いのですが、こちらの方がより説得力が強く、拡散もされやすいので売りやすいです。

旧作の必要性をさりげなく伝えるツイートを作ろう

ツイートでもインスタでもブログでも、何でもいいんですけど、大事なのは「必要性」です。新規フォロワーさんが「これ必要だわ」と感じるようなコンテンツから旧作宣伝をしないと、普通にスルーされてしまいます。

自社商品というのは、新発売の月が最も注目度が高く、しかし時間と共に注目度は落ちていきます。

だからといって新作乱発は内容の重複を招きますし、戦略なき連打はブランド力を落としてしまう。

でも利益は欲しい。となれば、上手く旧作につながる無料コンテンツを作り、無料のオマケで旧作紹介をアピールしましょう。

ポイントは、あくまでメインは無料部分ということです。

宣伝のための「やっつけ無料コンテンツ」だと、あーこれ旧作の宣伝なんだな、チラシなんだなと思われてスルーされます。

あくまで「ちなみに、こんな便利なものを出してるんですよ旦那」と最後にチラっと出す。

するとブランド力を落とすことなく、旧作を売ることが出来ますよ。

作品数が増えてくると、必ず埋もれてくる作品も出てきます。それを上手くSNSで換気してあげて、スッキリ綺麗な空気を吸わせて売りましょう。

リニューアルやリライト、特典追加なども旧作リフレッシュに有効なので、おすすめですよ~。

【PR】無料メルマガ講座はじめました




最小限の努力でお金持ちになれる方法を知りたいですか?

お金持ちになるには、働かずとも得られる収入「不労所得」が必要です。多くの人は不動産や株式の配当金で不労所得を稼ごうと努力しますが、もっと気軽に――かつ、低コストで稼げる不労所得がございます。

それが「稼げるブログを作る」という方法です。

ブログは高い固定費を必要としません。月1000円弱のサーバー代さえあれば、誰でも月100万以上を稼げるメディアを持つ事が出来る、個人起業にもっとも適したビジネスです。

しかし、初心者がブログで稼ぐのは容易ではありません。昨今はSNSも育てなければならず、不労所得への道のりは複雑化しています。

そこで、ブログ×SNS戦略で2億円を稼いだ私が「稼げるブログの作り方」を1から教える【無料メルマガ講座】で学びましょう

今メルマガに登録すると、1200円相当の有料講座を無料プレゼントでもらえます。

無料登録するだけで"タダ"でもらえるので、このチャンスにぜひ稼げる情報を0円でGetして下さい。

ブログ収益化の月3万円~月100万円まで対応しており「ブログで稼ぎたいけどノウハウがない」とお困りの方に向けた講座になります。私が実践で得た知見をしっかり書いていますので、稼ぐまでの時短にどうぞ。

ただし、本気で「ブログで稼ぎたい!」と考えている人のみ受講して下さい。

ブログは実際に手を動かさないと結果は出ません。楽して稼げる!といった気持ちで受講すると時間の無駄になりますので、作業できる人のみ参考にして下さい。繰り返しますが、無料です。

・無料メルマガ講座の案内ページはこちら


ツイッターにて無料のノウハウも提供しています↓
私のツイッターアカウントはこちら

合わせて読みたい


当ブログで無料公開されている「アフィリエイト講座」の記事一覧はこちら

・アフィリエイト講座 記事一覧に戻る

私の年間収益報告はこちら

・クロネコ屋の収益報告を見てみる