彼女欲しいけど出来ない男の残念な特徴5つ。モテるための対策は?

ども!クロネコ屋です。

今でこそ結婚している私ですが、昔は女の子にモテず、嫌われるような事ばかり、やらかしていました。

妻と出会って、いろいろ恋愛経験を積んだ今だからこそ言えるのですが

『彼女欲しいけど出来ないモテない男性には、致命的なズレがある』

ギクッとした方、多いのではないでしょうか?

皆さんが良かれと思ってやっていることが、実は女性から見たら「げっ!」と引いてしまう行動かもしれません。

『彼女におすすめの誕生日プレゼント4選!』の記事で書いたように、大学生の彼女にティファニーのオープンハートネックレスをプレゼントして「えぇ…」と引かれたり。

まぁティファニーの話は、私の実体験なんですけどね。

とにかく、今モテなくて悩んでいる方。高校生、大学生、社会人で婚活中の方。

今回はそんな方々に向けて、彼女ができない男の残念な特徴をまとめました。

各項目、1つ1つに対策法を紹介していますので、参考になるはずです。

この記事を読んで、少しでもモテる男になりましょう。




1:下心を隠せてない

彼女欲しいけど出来ない男性に一番ありがちなミスがこれ。下心が出まくってて、女性に引かれてしまうパターンです。

想像してみて下さい。

やや混雑している定食屋で、注文から5分も経っていないのに

注文が遅い! 俺は腹が減ってるんだ! いつくるんだ!

とわめいてるオッサンがいたとします。

引きませんか? 引きますよね。

お腹が空いてイライラするのは分かるけど、余裕なさ過ぎ&がっつき過ぎです。

下心が隠せてないモテない男性は、このオッサンと同じような目で女性に見られています。

恋愛本か何かを読んで『強気なアプローチが大事』という話を曲解して、まだ知り合い程度の関係なのに

「ねえねえ、今度遊びにいかない?」
「いつ空いてる? 来週はどう?」

なんてデートに誘って粉砕するケース、モテない男性に多いです。

恋愛において、相手に好きである事をアピールして意識させる、というのは王道です。

しかし、距離が遠いうちから押せ押せアピールすると、女性は怖がって逃げてしまいます。

友人として信頼感が生まれてから押すか、イケメンでない限り、ほぼ100%これやると嫌われます。

けど、男って未熟なうちは、これやっちゃうんですよね。私も記憶にあります。

自分一人で盛り上がっちゃって、男友達に「デートに誘っちゃえよー」とちゃかされて、なぜか押せ押せになってしまう。

これ今すぐやめて下さい。このクセが抜けないと一生彼女できないです。

もちろん恋愛に積極的なのはOKなのですが、距離感を見誤るのは恋愛において一番タブーな事です。「下心があるのでは?」と疑われてしまいます。

飼いならされていて安全なライオンなら、近づいてきても怖くありませんが、空腹でギラついてて、今すぐ君を食べちゃうぞ感が出てるライオンが近づいてきたら超ビビりますよね。

女性は男性よりも警戒心が強いですから、必ず信頼関係を築いてからアプローチするようにしましょう。

信頼関係のレベル別の一覧はこんな感じ↓

他人 → 知り合い → よく話す知り合い → 友達 → 友達以上恋人未満 → 恋人

モテない男性は「よく話す知り合い」レベルで二人きりのデートに誘っちゃいます。このレベルでデートに誘っても、成功率は低いです。

「皆と一緒ならOK」と言われるかもしれません。ぶっちゃけ、この返答をする女性の気持ちは

「まだよく知りもしないのにデートなんかしないよ。てか下心見え見えでキモ…」

なんて思われてるかも。きついですね。

信頼関係が生まれれば、アプローチを仕掛けても下心を警戒されなくなるので、必ずタイミングを見極めて押すようにしましょう。

 女性と話すのが苦手だ… 

という方は、こちらの記事を参考にして下さい。

・女性と喋る時に緊張して話せない人のコミュ力改善方法。「女性と話すのが苦手」を克服するには?

2:一人の女性に固執しすぎ

一途に想い続けるのは美しいですが、現実問題、人には相性というものがあります。

どんなに自分が好きでも、相手に絶対無理と思われていたら、いつまでたっても彼女はできません。

なので、恋人候補は複数人持っておきましょう。

予備(キープ)を用意する…というと、不純な感じがして嫌ですよね。

しかし、モテる男女ほど異性の友人を多くもち、複数人を抱えていつでもアプローチできる状態になっているケースが多いです。

恋愛というのは組み合わせでして、もちろんその人のモテ度によって恋人ができる確率は変動しますが、基本的に弾が多いほど当たりやすいです。

ガチャに例えるなら、両思いになるという結果がSSR。

1年にガチャを1回しか引けない男と、1年にガチャを5回引ける男。どっちがSSRを先に引けると思いますか?

恋愛に縁のある男は、好きな人に振られても、その後、別の誰かとすぐ付き合ったりしています。

俺の恋人はAさん以外は考えられない! Aさんと付き合いたい!

と強く思っていると、他の女性と仲良くなる機会を逃して、いざAさんに振られた時にリカバーが効きません。

また「俺にはAさんしかいない」と思い込むことで、ストーカーになってしまったり、キモいアプローチをしてしまう可能性も高くなります。

恋愛においてモテる男は余裕がありますから「Aさんに振られても大丈夫」と気持ちに余裕を持つためにも、キープを増やしておくのは確実なモテ手法です。

3:男同士で固まりすぎ

男同士で固まってると、いつまでたっても女性と付き合えません。

同性で固まるのは楽ですが、固まれば固まるほど、女性から見れば見えない壁が構築されて「話しかけにくい」と思われてしまいます。

せっかくチャンスが巡ってきても「一緒に帰って噂されたら恥ずかしいし…」なんて思われてしまうかも。

また同性のノリだけしか知らないと、いざ女性と話す機会が生まれた時にテンパってしまいます。

こうならないためにも、女性の関われるコミュニティ、あるいは機会に積極的に飛び込み「あの人、女の子とも気軽に話してくれるんだ」という印象を与えましょう。

女友達が一人でも出来ると、そこから芋づる式に人脈が増えていきます。女性は人間関係をよーく見ています。

女性と一切話さない男性よりも、友達の友達という立ち位置にいる男性の方が話しやすいですよね。

「私の信頼するAちゃんの友達 → Aちゃんのお墨付きなら信頼できる」

という方程式がありますので。
ちなみにモテる男がさらにモテるスパイラルに入るのは

「Aちゃんが彼の事好きらしい。Bちゃんも好きらしい→良い男に違いない」

という錯覚がプラスされるからです。

モテない男は逆の事が起きるので、余計にモテなくなります。なので女性には悪印象を抱かれないようにしましょう。

一人に嫌われると、そこから蟻地獄のように悪い評判がコミュニティ内に伝わっていきますよ。

4:女性と接する時に下から入りすぎ

優しい男がモテない理由は、頼りなく見えるからです。

そして優しい男ほど『女性に下から入る』ケースが多いですね。

下から入るというのは、よく言えば気を使っている、悪く言えば臆病なコミュニケーションをしている…という事。

女性は男性にぐいぐいリードされたいのが基本です。当然、彼氏には頼りがいを求めます。

しかし、下から入るのは、最初から「私はあなたより下です。頼られても無理です」と表明するようなもの。

女性は男性の頼りがいを本能的に察するので、自分より弱そうな男性は恋人候補から外します。

例えあなたが気弱な男でも、強いように振る舞って下さい。昭和の頑固親父になれって言ってるんじゃないですよ。女性と話す時は対等に接しましょう、ということです。

恋愛経験がないと、ついつい女性に気を使いすぎて、アッシー君 召使いみたいに接してしまいます。

「今度のデート、どこに行きたい?」
「このレストランどう? 美味しかった?」
「時間だいじょうぶ? 送っていこうか?」

みたいに、いちいち女性に確認をする男よりも

「今度のデート、遊園地と映画、どっちがいい?」
「このレストラン評判いいから、一緒に行こうよ」
「時間も遅いし、送っていくよ」

といった風に自信を持って接する男の方がモテますよ。

5:自分に自信がないからモテない

4番で書いたように、女性に下から入るクセがある人は、自分に自信がないからそうなってしまうのです。

男にとって自信は重要です。

「俺なんてどうせモテない…」と思ってる人よりも「俺はモテる。男前だ。Aちゃんに振られても、次のチャンスがあるから問題ない」と堂々としている人の方が、結果としてモテます。

アプローチをするにしても、女性と話すにしても、やはり男は自信を持つことが一番大切です。

もし女性にモテない、彼女が欲しいのにできない…と悩んでいるなら、まずは自信をつける所から始めましょう。

  • 社会人ならスキルアップして仕事力をあげる。
  • 勉強や運動(筋トレ)を頑張ってみる。
  • ヘアスタイルやファッションに気合を入れる。

マッチングアプリでデートを繰り返して実戦経験を積むのも良いでしょう。

自分に自信がつけば、きっと女性との接し方も変わってくるはずですよ。

【朗報】ハゲでも自信があればモテる

当ブログを読んでくれている方ならご存知かもしれませんが、私は20代で若ハゲになるという、デスペナルティを背負った男です。

 ハゲていたら、絶対にモテないだろ…

と思いますよね。

しかし、私は無事、27歳で結婚できました。

妻とは留学先で出会い、恋愛&同棲を経て結婚に至りました。

当時、私はフリーランスで年収200万。つまりお金や社会的ステータスはゼロに近い状態でしたが、それでもお付き合いする事が出来ました。

後に独立して会社を立ち上げ、今でこそ社長として収入にもゆとりが出来ましたが、当時は1年先も分からない無鉄砲な20代の若ハゲでした。

なぜハゲで金も社会的ステータスも無いのに彼女を作り、結婚することが出来たのか?

理由は簡単で、自分に自信をもって堂々としていたからです。

私はハゲも含めて自分。むしろ弱みを笑いに変えてしまおう…というくらいポジティブなので、その結果、女性に嫌われる事無くコミュニケーションが取れました。

また、仕事に関しては満足に稼げていなかったものの、事業計画をしっかり考えていたので根拠のない自信もありました。

私の心持ちについては、下記の記事で書いています。

・29歳でハゲてしまった同士達へ。若ハゲの悩みを解決する手段を教える

このように、若ハゲという致命的なペナルティがあっても、男は自信があればモテます。

ですから皆さんも「俺はブサイクだ、どうせモテない」なんて後ろ向きにならず、ガッツリ自信を持って女性にアプローチしましょう。

今はハゲを治すために「AGA治療」という最新の薄毛治療をやっています。

下記にて体験談を書いているので、ハゲ始めている方はぜひ参考にして下さい。

【まとめ】ハゲ・AGA治療に関する記事のサイトマップ

まとめ:彼女を作りたいなら自分を変えよう

一度モテないスパイラルに入ってしまうと、人間、そう簡単には抜けられません。

モテない行動を繰り返し、上手くいかないと分かっているのに本能的に「いつもの行動パターン」を選ぶようになってしまいます。

モテスパイラルに入るためには、意識して自分の行動を変えることが大事です。

恋愛はトレーニングと実践経験が命ですから、ぜひ今日から「自分を変えるぞ」と意識して行動してみて下さい。

合わせて読みたい

・好きな女性にプレゼントする時のおすすめ4選&プレゼント選びの注意点

好きな女性へのプレゼントの贈り方&選び方を紹介しています。