女友達を口説くコツ!彼女にするなら男を意識させないとダメです

女友達を好きになってしまった…。でも、どうやって口説けばいいのか分からない!

という悩みを抱えている方は、苦しいですよね。

なまじ友達という関係だからこそ、彼女にするためには今の関係を壊さなければいけません。

関係を壊すというのは、非常に勇気のいるアクションです。

「口説いたり告白して引かれたらつらい…だったら今のままで良いかも?」とチキンになってしまうのも無理はありません。

しかし、はっきり言います。嫌われたり距離を取られるのが怖いなら、まだ口説かない方が良いです。

中途半端な気持ちで、ハンパに口説くのが一番だめ。それですと、女性も安心して決断が出来ませんし、モヤモヤするだけで終わりです。

 

関係が壊れてもいい! 友達としてじゃなく彼女にしたい!

と強く思うなら、一気に口説きに入りましょう。

女友達を口説く場合、男性側に強い覚悟がなければうまくいきません。

関係が壊れるのが怖いのは向こうも一緒です。だったら、男がリスクを背負わないとダメです。

私も妻とは友達関係から口説いたので、苦しい気持ちはわかります。

でも、やるしかないんです。やりましょう。やらないで後悔するより、やって後悔した方が100倍良いです。それは断言できます。

少し熱が入ってしまいましたが、今回は女友達を口説くコツについて紹介します。




女友達を彼女にするのは難しい?成功率について

はじめに、女友達を彼女にするのは難しいのか? という話しについて。

結論から言うと『ちゃんとステップを踏んで口説けば、成功率は高い』です。

というのも、友達関係ということは、既に信頼関係のベースは出来ているという事です。少なくとも『生理的に無理』とか『価値観が致命的に合わない』といったエラーは避けられます。

問題は、男性として見られていないという点のみ。ここを乗り越えるためには、しっかり口説いて男性として意識させないとダメです。

男性として意識させるためには

  • 相手に好意があることを匂わせる
  • 彼氏彼女のような行為(デートや恋愛相談など)をする

この2つが大事です。

さらに、年齢が上がってくると

  • 社会的な地位はどうか?
  • 収入は安定しているか?
  • 子供は欲しい?家庭的か?亭主関白じゃないか?

といった、結婚を意識した評価点も入ってきますねー。女性はしっかり見てますよ、こういう所も。友達関係だったら、なおさらです。

ともあれ、どうすれば意識させる事が出来るのか? 次項から、具体的な手法を紹介しますね。

恋愛に関するトークを仕掛けよう

女友達を異性として意識させるためには、恋愛トークなど『踏み込んだトーク』をするのが一番王道の口説き方です。

例えば「そういえば好きな男のタイプってどんなん?」と聞いてみたり。あるいは「彼氏は作らないの?」など今恋愛する気があるか聞いてみるなど。そういったジャブを打つのです。

恋愛トークは、それをするだけでもお互い無意識に異性であることを意識するので、効果的です。ちなみに、クリスマスシーズン前だと効果抜群です。

「誰か彼氏になってくれたらなぁ~」

という返しに対して「じゃあ俺が立候補しようか?笑」みたいなジャブを打てるなら、一番ベスト。

「いやいや、友達だし笑」と返されたら「一回デートして試してみようよ」とお試しデートに誘う事ができます。

女性に「あれ? なんか私、口説かれてる?」みたいに思わせれば勝ちです。

女友達から彼女にステップアップするためには、今までと同じノリではいけません。ストレートに、しかし少しずつ相手を恋愛ムードにするのがコツです。

これくらいのジョークが言い合えるフランクな仲なら、かなりの確率で彼女にできます。そういったジョークを言い出せない場合は、次のステップに入りましょう。

食事に誘ってプレゼントを渡そう!

記念日でもないのにプレゼントを渡すと、相手に好意が伝わります。「あ、こいつ私に気があるな?」と感づかれますが、それで良いのです。

好意を匂わせないと、いつまでたっても男として意識されませんからね。

オススメの方法は、食事デートに誘って、そこでプレゼントを渡す事です。

プレゼントの理由は適当でいいです。「これお前が好きだろうな~と思ったから」みたいな、理由になってない理由でもOK。

本音は「お前の事が好きだからプレゼントした」なのですが、それは直接言ったらダメ。あくまで匂わせるだけです。

プレゼントについては、下記の記事でおすすめを紹介しているので、参考にして下さい。

・好きな女性にプレゼントする時のおすすめ4選&プレゼント選びの注意点

どんなに鈍い女性でも、食事デート+プレゼントを貰えば好意に気付きます。(これで気付かない超鈍感な女性もいますが…)

好意を向けられて嫌がる女性はいませんから、強気にデート+プレゼントで畳み掛けましょう。

最後は男らしい告白で勝負を仕掛けよう

恋愛トークやデート+プレゼントで好意を匂わせたら、最後は男らしく告白をして畳み掛けましょう。

出来れば、口説きを仕掛けてから1ヶ月以内に告白まで持っていくのがベストです。

ここでモタモタしていると、他の男に取られたり、相手の気が変わってしまう可能性があります。

特に、友人関係が長いと、相手が告白にビビって逃げてしまうケースもあります。逃げられる前に、しっかり気持ちを伝えて関係を壊しましょう。

一度振られても、心配ご無用。女友達→彼女になるケースでは、一回断られても、その後にやっぱりOKされる事も多いです。

断られるのを恐れて「付き合う…とか、どうよ?」みたいな逃げ腰の告白はNGです。

なまじ友達だからこそ、にごす事が出来てしまうので、相手に逃げ道を与えてしまいます。女性側も、関係を壊すのは勇気がいりますから、少し強引なくらいの告白でないとダメです。

「俺は今の関係じゃ嫌だ。彼氏彼女の関係になりたい」

という事を強く押し出しましょう。女友達への告白は1にも2にも押しが大事です。

「付き合ったら絶対に大事にする」
「後悔させない」
「お前の事はもう友達として見れない」

みたいなセリフをガンガン吐いて下さい。少女漫画にありがちなセリフですが、こういう事を言われると女性の心は動きますよ。

もし振られてしまったら、次のタイミングを待つべし!

仮に告白に失敗して振られても、諦める必要はありません。

たまたま、彼女が恋愛をする気分じゃないタイミングだったという可能性もあります。

女性にとって、友達から彼氏という大きな変化ですから、女性側の受け入れ体制が整っていないから断られるケースも多いです。

振られてしまうと、少しの間、気まずいかもしれませんが、うまく友達関係を維持しつつ、次のチャンスを待ちましょう。

しぶとく想い続けて成就するケースも少なくありませんよ。少なくとも、1度目の告白で意識しますからね。

頃合いを見て、2回目の告白を仕掛けましょう。

まとめ:誰かに取られる前に今すぐ動きましょう

女友達を口説くのは、かなり勇気のいるアクションです。

しかし、女友達はあなたのことを友達としか思ってないので、ウジウジしてると、あっという間に他の男に持っていかれます。

自分の気持ちに気付いたら、なぁなぁの関係に甘えてないで、今すぐ行動を起こしましょう。

こちらも合わせて読んで勉強して下さい↓

・女の子に告白して振られる理由4つ。「ごめんなさい」と断る心理を解説します