【デブ】太っている男がモテない理由。彼女を作る・婚活どちらも不利

「太ってるから彼女できない…」
「デブだからモテないのかな…?」

と体型にコンプレックスがある男性の方に伝えたい事があります。

肥満の男性は、恋愛において「もちろん」不利です。

特に年齢層が上がり、婚活などのステージになると余計に厳しくなってきます。

なぜ太っていると女性にモテないの?

いやいや、ぽっちゃりが好きな女性もいるのでは?

と甘い考えを持っている方もいるでしょう。

しかし、その甘えた考えを持っている時点でモテません。

私は太っている男性をいたずらに非難したい訳ではありません。太っていても魅力ある男性は大勢います。

それでも、デブというステータスはマイナスの先入観を持たれやすい…というのが現実です。例えば「デブは怠け者」といった先入観です。

なぜ、このような先入観を持たれるのか?

それは、デブはハゲ・チビと違って『自分の努力で解消できるバッドステータス』だからです。

私はハゲており、髪の毛に関しては努力しても、どうしようもありません。しかしデブなら痩せる事が出来る。努力で改善できるのです。

私のハゲの話は長くなるので、こちらの記事をどうぞ。

・29歳でハゲてしまった同士達へ。若ハゲの悩みを解決する手段を教える

という訳で、今回はデブでもモテたい!彼女欲しい! と思っている男性に、厳しい現実と対策を紹介します。




デブ男は『だらしない人』と思われる

デブという体型が女性に与える最大のマイナスイメージは『だらしない』と思われる事です。

デブになる人の多くは、体質もありますが、すべからく「食べ過ぎ・運動不足・怠けすぎ」といった生活習慣から肥満になっています。

だらしない腹は、食欲に勝てなかった証拠。

脂肪ばかりの情けない腕や足は、運動をしていない証拠。

そして、それを「まぁいいや」と放ったらかして改善する気のない、その向上心のなさ。

これらの要素を先入観として相手に与えてしまうので、デブは恋愛において不利なのです。

もちろん、しっかり生活をしているけど太りやすい体質だったり、デブだけどピシッとした性格をしている人なら問題ありません。

女性にモテないのは「だらしないデブ」「やる気のないデブ」といったダメな方の肥満男性です。

『女性にモテる男の特徴を徹底解説』の記事でも書きましたが、女性にモテるのは男らしさを兼ね備えた男です。

リーダーシップ・気遣い・頼りがい。こういった要素は、デブとは程遠いですよね。漫画や映画でも、デブって癒やしキャラだったり食いしん坊キャラですから、そういったポジションになりやすい。

もちろん癒し系のぽっちゃりが好きな女性もいます。しかし、それは非常にニッチであり、痩せる努力を放棄して「ぽっちゃりOK」な女性を必死に探すのはナンセンスでしょう。

モテたい・彼女が欲しい・結婚したい…と思うなら、素直にダイエットをして痩せた方がチャンスは増えます。

デブ男は健康面で不安

デブ男のもう一つの大きな懸念点は、健康です。

肥満の男性は、糖尿病や生活習慣病のリスクが高く、中年期に入ると健康面での不安が一気に出てきます。

30代以上になり、婚活というステージに上がると、女性は結婚後の生活までイメージします。

太っている男性の場合体調を崩しやすいですから

働き盛りの時に、倒れてしまうのでは?

私より、ずっと先に逝ってしまうのでは?

と不安になります。

そんな先の事まで考えるか? と思ったあなたは、女性を舐め過ぎです。

結婚は女性の人生を大きく変えるイベントであり、パートナーの生活スタイルというのは、まさに最重要視すべきポイントです。

どんなにイケメンでも、仕事人間で過労死寸前まで働くような人とは、一緒に暮らしたくないですよね。

女性は結婚に安心を求めているのに、健康面でハラハラするようでは困ります。

そういった理由があるため、デブは婚活でも不利なのです。

デブ男は出世も厳しい

前述した健康面での不安は、何も恋愛市場にのみ作用する要素ではありません。キャリアの面でも、デブは不利です。

アメリカでは、太っている人は『体調管理が出来ない人』と見なされ、出世コースから外されます。

肥満が国民病になりつつあるアメリカでは、それほど肥満はバッドステータスとして見なされるのです。

日本でも、アメリカほど極端ではありませんが、肥満の男性はすべからく『健康面は大丈夫なのだろうか?』という懸念を持たれます。特に、上にいけばいくほど、健康を求められます。

ビジネスと健康は関係ない…と思うかもしれませんが、経営者やトップレベルのビジネスマンは、やはり定期的に運動をして体調管理をしっかり整えています。

そのため不健康な肥満体型の人間はおらず、シュッとした人が多いです。

「デブは出世しにくい」「一流にはなれない」という認識があるため『年収やキャリアを鍛えて、モテポイントにする』というルートも厳しくなります。

婚活では、当然、年収やキャリアは武器になります。

しかし、その武器を手に入れる上でもデブは弊害になるので、結果的に「デブ=非モテ」という方程式が加速してしまうのです。

面倒くさいダイエットから逃げていないか?

「ありのままの自分を好きになってくれる女性を探す!」

と言う男性もいますが、それ都合よくないですか?

要するに「痩せるの面倒くさい」という話しですよね。楽な方、楽な方へ自分を逃して、おまけに女性と付き合いたい…。

はっきり言って傲慢も良い所です。都合の良い女を探している、と見なされても仕方ありませんよ。

「ブスでもいいから彼女欲しい」という男は一生童貞という記事でも書きましたが、自分が楽したい+彼女欲しい…という欲求を通すのは無理です。

女性は「努力してる男性」「向上心のある男性」に惚れるのであって、人間力の低い怠けた男には惹かれません。

仮にいたとしても、依存体質のメンヘラだったり、金目的の女だったり、危険因子を持った女性です。奇跡的にぽっちゃり好きな女性がいたとしても、中身が怠け者では「無理です」と拒否られるでしょう。

女性は男の中身をしっかり見ています。人間としての魅力や男らしさ。そういった所で魅力を出していかないと、絶対にモテません。

デブでもモテたい!

ではなく

デブな自分を変えて、モテるようになりたい!

といった考えにシフトしていくのが最も効率的なルートですよ。

まとめ:生活を改善して痩せよう

太っている男がいかにモテないか、その理由がわかったと思います。

対策としては、自分を甘やかすのではなく、しっかり自分の肥満と向き合って改善していく事です。

痩せる事が出来れば、それが会話のネタになりますし、女性に対して「ダイエットをやり遂げた」という実績をアピールすることが出来ます。

女性はダイエットが好きですから、それが共通の話題になるかもしれません。

デブから頑張って痩せれば「努力の香りがする男」になれます。

何も成し遂げずダラダラ生きてきた男より、ずっとモテる要素を持った男に生まれ変われるのです。

もちろん、ただ痩せただけではダメですよ。会話術を学んだり、出会いを積極的に増やしてアプローチ数を増やしていく努力も大事。

しかし、デブから痩せる事ができれば、大きな進歩として非モテ脱出の第一歩になるでしょう。

ぜひ筋トレや運動をして、痩せてみて下さい。

モテる男の会話術はこちら↓

【実例あり】モテる男の会話術。女性を楽しませるトークのコツを紹介します

出会いを増やす方法はこちら↓

・女性との出会いを増やす方法5選。出会いがないなら作ればOK